貧乳の素人エロ動画一覧

「貧乳」とは

「貧乳」とは、「乳房のサイズが小さい」ことを指す言葉である。但し、男性に対しては全く用いられず、もっぱら女性のみを対象とする言葉である。また、最近はあまり耳にしなくなったが、かつては胸が小さい女性を表す「ベチャパイ」というような差別的な言葉も存在した。どの程度のサイズの乳房を貧乳と呼ぶかについては、国際的な定義などは存在しておらず、人それぞれの主観によって異なってくるが、概ねブラジャーのサイズでAカップの場合は貧乳に該当するようである。女性の乳房は女性ホルモンの作用によって思春期を境にふっくらしてくるとされるが、人によってはさほど大きくならない場合もある。現代社会においては、一般的に、乳房の大きさは「女性らしさ」を表すシンボル的な対象とされていることから、また、いわゆる「巨乳」や「爆乳」と呼ばれる大きな乳房を持つ女性がグラビアアイドルとして人気を得ており、「胸の大きい女性にエロスを感じる」という男性が増えていることもあってか、必要以上に乳房の小ささを気にするあまり、コンプレックスを感じている女性も多いようである。中には、ブラジャーの中にパッドを入れるなどして胸を大きく見せようとしたり、さらにコンプレックスの度合いがエスカレートすると、乳房にシリコンパックを詰めるなどの豊胸手術をして、胸そのものを大きくする女性も存在している。

「貧乳」も実は人気がある

ここまで前述したように、巨乳や爆乳の女性がもてはやされる世の中となり、貧乳の女性の中にはコンプレックスを抱いている人もいるようだが、実は、乳房が大きくない女性を好む人が男女問わず多く存在するようである。たとえば、日本において、洋服が主流になる以前の女性は、和服や浴衣を着用していたが、着付けをする際には胸が大きいと着くずれがしやすくなるほか、乳房が大きくグラマラスな女性よりも、胸が小さくスレンダーな女性のほうが、おしとやかでスマートな、いわゆる「和服美人」とされたようである。このように、女性の視点から見ると、和服が似合うという点が貧乳であることのメリットのひとつとして挙げられる。また、これは美的観点やエロスとは関係がないが、貧乳のほうが巨乳よりも乳がんにかかりにくいという医学的見解も存在するようである。一方、男性側の心理としては、乳房が大きく抱き心地の良さそうな豊満な肉体にあこがれを持つ人もいる一方で、貧乳女性のほうが、巨乳女性よりも少女が醸し出すような清純さやすがすがしさを感じるという人もいるようである。特に、実際に恋愛関係になったり結婚したりするような場合には、少し様相が異なってくる場合があるようだ。たとえば、男性からのいやらしい視線を釘づけにするような巨乳女性よりは、胸が小さく華奢(きゃしゃ)なスタイルの女性のほうが、「か弱く」見えたり、かわいらしく見えたりするものであり、「俺がこの子を一生守ってやるんだ」的な愛おしさを感じたりもするようである。すなわち、男性にとっては、いわゆる「目の保養」として、通りがかりの巨乳美人やエロ動画サイトで巨乳AV女優のグラマラスな肢体を眺めたりオナニーをしたり、時には、風俗店で巨乳女性の胸の谷間にペニスを挟んで刺激してもらう「パイズリ」を楽しんだり、SNSなどを通じて知り合った巨乳女性と浮気したり不倫関係を結んだりといったような「火遊び」の対象としては胸が大きいほうがいいが、恋人や生涯の伴侶にする女性に対しては、巨乳であることは必ずしも絶対条件ではないようで(もちろん大きいほうがいいという男性も存在するが)、むしろ胸が小さいことによる「守ってあげたい感」や、男性のスケベな視線を受けにくく浮気や不倫がされにくいのではないかという妙な「安心感」によって、貧乳女性と付き合ったり結婚したりする男性もいるようである。別の見方をすれば、男性が女性にエロスを感じる要素は、乳房の大きさやグラマラスなボディやモデルのような八頭身美人といった肉体的な豊満さや完成度ばかりとは限らず、スレンダーで華奢かつ小柄な、しかも容姿的にも平凡な女性に対して、心の底から愛おしく思い、エロスを感じて興奮する場合も存在するのである。いやはや、エロスというものは、なんとも複雑である。

「貧乳」だからこそのエロス

ここまでの内容を読んだ人は、「どちらかというと、巨乳のほうがいいが、現実的には貧乳で妥協している」との印象を持つのではないだろうか。実際にそういう人もいるだろう。しかし、「貧乳は妥協なんかではなく、貧乳こそエロスである」という貧乳好きの男性も存在する。たとえば、セックスにおいて、正常位で上半身を密着した際に得られるお互いの密着感や一体感は、巨乳女性よりも貧乳女性とのセックスのほうが満足度が高いという意見もあるようだ。また、貧乳だからといって巨乳よりも乳首や乳房を愛撫した際の性的な感度に差異は感じられず、むしろ乳房の脂肪が少ない分、感度がいいのではないかという意見もあるようだ。

「貧乳」の人気が広がる可能性

スマートフォンの普及によって、これまで男性視聴者が圧倒的に多かったアダルト動画を女性が視聴するケースが増えているが、「女性らしさ=巨乳」というのはあくまで男性側の旧態然とした固定観念に過ぎず、現実には胸のさほど大きくない女性は世の中に数多く存在している。そういった女性にとっては、これまで男性目線で制作された巨乳女性が出演するアダルト動画よりも、女性目線で制作された胸の大きさにこだわらない、より身近で現実に近いアダルト動画に親近感を覚え、人気となる可能性があるとも考えられる。