美少女の素人エロ動画一覧

「美少女」とは

「美少女」とは、「見た目(容姿)の美しい少女」のことを指す言葉である。この場合の見た目は、顔が対象となる場合が多いが、人によっては、顔だけでなくスタイルを含めて判断するケースも存在するようである。また、少女という言葉から、未成年をおもに対象としているものの、その範囲は特に決まった定義があるわけではなく、20代に到達していても年齢より若く見える容姿の場合には対象に含む場合も存在するようである。また、一般的には第二次性徴を迎える小学校高学年から中学校低学年ぐらいまでの年齢を美少女と呼ぶ場合の下限とするのが一般的だが、幼稚園から小学校低学年の年齢の、いわゆる子役タレントのジャンルにおいても、大人びた雰囲気の容貌を備えた少女が存在することから、美少女という言葉のカバーする年代は拡大傾向が見られるようである。美少女という言葉は、非常に一般化しており、抜群の知名度を確立している。たとえば、グーグルの検索で「美少女」というキーワードで検索すると、約1500万件もヒットする。一方で、美少女の男性版とも言える言葉として、こちらも一般的に用いられている「美少年」という言葉のヒット件数は約350万件。いかに美少女という言葉が一般化しているか示している。その検索結果も実にさまざまな内容を含んでおり、美少女コンテストであったり、美少女が登場するアニメ、はたまた美少女が登場するアダルト作品の紹介ページなど、多岐にわたっている。

「美少女」のイメージ

「美少女」という言葉を聞いて、どういう女性を想像するだろうか。かつて、日本人離れしたエキゾチックかつ大人びた顔立ちの女性タレントが「美少女」として国民的人気を博したことを思い出した人もいるかもしれない。宇宙系アニメに登場するようなユニフォームを着た若きヒロインを想像する人もいるかもしれないし、アコースティックギターを抱えて駅前で熱唱する女子高校生や女子大生を想像する人もいるかもしれない。女性アイドルグループを想像する人もいるかもしれないし、コンビニのレジにいる若い美人アルバイトを想像するかもしれない。ひょっとしたら日本人ではなく外国人を想像する日本人男性もいるかもしれない。このように、人によって、「美少女」という言葉を聞いた時に想像する女性は大きく異なるのである。

「美少女」という言葉の用いられ方

「美少女」という言葉が完全に一般化しているのは前述したとおりだが、実際の用いられ方として、「あの子、かなりの美少女だよね」といった具合に用いられるほか、美術作品や小説のタイトルにも使われている言葉である。また、「美少女コンテスト」「美少女図鑑」「美少女ゲーム」といったタイトルとしての用いられ方も一般的である。このうち、「美少女コンテスト」や「美少女図鑑」は、実際のコンテストや書籍などでも用いられている言葉であり、読んで字の如しであるが、「美少女ゲーム」については、それを定義する範囲が実に幅広いものとなっている。

「美少女ゲーム」とは

ゲームセンターにあるゲーム機や、家庭用ゲーム機、ポケットサイズのゲーム機に至るまで、さまざまなゲームにおいて、美少女が登場するゲームが多数存在する。もともとは、美少女が登場して美少年とともに登場し、協力して悪と戦うといったものが一般的で、恋愛的な描写についても、男女間のプラトニックラブや片思いのレベルにとどまるのが大半であった。ところが、現在広く支持を集めているいわゆる「エロゲー」においてはRPG(ロールプレイングゲーム)が主流で、単に美少女が登場するだけでなく、人目をはばかるほどの激しいラブシーンが展開されたり、AV(アダルトビデオ)顔負けのさまざまなシチュエーションや体位を駆使したセックスシーンが登場するなど、性的興奮度を高める演出がなされているものもある。また、AVなどのように、現実に存在する男女が登場して恋人同士の役などを演じて撮影された実写映像でなく、想像にもとづくアニメーション映像でありとあらゆる場面を構成できることから、現実の男女でも実行がためらわれるようなアブノーマルなセックスシーンを構成することも容易に可能となる。実際にそのような作品が存在するかは定かではないものの、たとえば、性器への異物挿入であったり、人間以外の動物との性行為(獣姦)の描写、性的接触には全くふさわしくない年齢の幼女との性行為描写といったものも、その気になれば描写ができてしまう。そのため、内容は過激度を増す恐れがあり、あくまでフィクションに過ぎないこれらの性的描写を現実世界の生身の人間に当てはめようとする衝動に駆り立て、未成年者を性犯罪の魔の手が襲う可能性が懸念されることから、未成年とりわけ幼女を扱う過激な性的描写は世界的に規制が強化されていく傾向にあるようである。もし、こういったジャンルの作品を視聴したり遊んだりする際には、あくまでフィクションでありノンフィクションではないと割り切り、作品にどっぷりとのめりこまず、節度を持って楽しむといった心構えも必要であろう。