女教師の素人エロ動画一覧

「女教師」とは

「女教師」とは、「女性の教師」のことである。「教師」という言葉については、学校(小学校・中学校・高校・大学)の先生のことを指すのに加え、予備校や専門学校の先生も含まれるのが一般的である。ただし、幼稚園や保育園、コンピューター教室などのカルチャースクールの先生や自動車学校の指導教官については、教師とは呼ばないのが通例であるため、一般的に「教師」という場合には、学校の先生や予備校、専門学校の先生までが対象となる。ところで、「女教師」という呼び方は、ニュースや日常生活においては、ほとんど用いられず、「女性教師」と呼ぶのが普通である。では、「女教師」とはいったい何なのだろうか。

「女教師」と「女性教師」の違い

「女教師」と「女性教師」の違いは、簡単にいうと、エロの対象として見るか、そうでないかの違いである。前述のように、「女性教師」という呼び方は、ニュースや日常生活においてもごく普通に用いられている。しかし、「女教師」という呼び方は、日常ではほとんどしない。また、逆に、「男教師」という呼び方は、日常生活でもエロの分野でも全くと言っていいほど使われない。頭に「女」をつける言い方は、たとえば、サスペンスドラマに出てくる「女刑事」や、「女弁護士」のように、どちらかと言えば、男性が大きな顔をしたり幅を利かせている職業において、よく用いられる言い方である。これと逆の例として、「看護師」という職業については、もともと「看護婦」という呼び方が存在した。しかし、男女雇用機会均等法の施行後は、「看護師」という言い方に統一されている。その名残からか、「看護師」と言う場合は通常、「女性看護師」のことを指し、男性については、「男性看護師」と呼ぶのが一般的である。一方、「女教師」については、もともと教師という職業には男性だけでなく女性もたくさん存在する。しかし、こと「エロ」という分野に関して言えば、教師という職業が「聖職」と呼ばれているように、純真無垢な若者に対して、汚れ(けがれ)のない聖人君子のような対応を求められるのが教師という職業である。さらに、女性教師については、求められる聖人君子ぶりが男性教師以上に強いのが一般的である。ところが、現実は大きく異なり、教師といえども、生身の人間である。聖人君子でもなければ、聖職者でもない。むしろ、ときには、「性職」と揶揄されるような破廉恥な行動で「生殖」に励んでいる教師も存在するのである。そういった、世間で求められている「聖人君子」「聖職者」としての対応と、現実に起きている破廉恥な「性職」とのギャップ、特に、女性教師によるギャップは、よくフィクションの物語としてAV(アダルトビデオ)でも描かれ、根強い支持を集めている。その際にはたいてい、前述の「女刑事」や「女弁護士」のように、「女教師」という呼称がつけられている。ここには、やはり、「学校の女の先生が、こんなヤラしいこと、しないよね」という点におけるギャップや意外性が、世の男性諸氏の胸と股間を熱くしているのである。

「女教師」へのイメージ

「女教師」と聞くと、あなたはどんなイメージを思い浮かべるだろうか。メガネをかけた先生を思い浮かべる人もいるだろうし、白衣を着たエキゾチックな容貌の英語教師を思い浮かべる人もいるだろう。指揮棒(タクト)を振ったりピアノを弾く音楽教師を思いだす人もいるかもしれない。このように、女教師像はひとぞれぞれだが、一般的には、「女教師」と名の付くAV作品においては、メガネを掛けている先生が多いようである。また、メガネを掛けた状態でセックスに励んで、あえいでいる顔を見ると興奮するという視聴者がいるのだろう、セックスの最中には、普通なら外すであろうメガネを、フィニッシュまで掛けたままという作品もあるというのだから、AV業界の顧客重視の姿勢は徹底している。

「女教師」への期待感

では、「女教師」が出演するAVやエロ動画には、どんなセックスを期待する人が多いのだろうか。いくらメガネを掛けた女教師が出演していても、それがもし演技ではなく、本物の女教師であったとしても、普通にホテルなどで行うセックスであれば、喜ぶ視聴者は少ないであろう。やはり、教師が出演するからには、学校の教室や体育館などでのセックスシーンを期待する人は多いのではないだろうか。たとえば、教卓や生徒の学習机の上に乗って行うセックスや、音楽室のグランドピアノの上でのセックス、さらに、体育館にあるマットレスや跳び箱を使ったセックスなど、通常のホテルや自宅でのセックスとは全く異なる、「絶対にセックスしてはいけない場所=学校でするセックス」というアブノーマルなシチュエーションが、セックスする側も観る側も興奮度を高めるのである。

「女教師」の相手

以前、男性教師と女教師が、体育の授業でダンスを教えるためのレッスンをしているうちに、男と女の関係、しかも不倫という関係に発展し、体育館でセックスしている場面を生徒に見つかってクビになったという事例が実際に起きたが、これは、単にエロい妄想の世界というわけではなく、ちょっとした引き金があれば現実的に誰にでも起こりうる衝動なのかもしれない。また、女教師の相手としては、前述のような同僚教師の場合もあるし、教え子の生徒という禁断の関係も起こりうる。また、PTA会合で知り合った保護者という場合もありうる。このような禁断のセックスは、ひとたび肉体関係の事実が発覚したら、取り返しのつかない事態、たとえば、クビになることや、引っ越ししなければならないほどの恥ずかしさに見舞われるということは、冷静に考えれば分かることなのに、ひとたび男と女の禁断の関係が燃え上がってしまうと、「取り返しのつかない事態」への恐怖感さえも、禁断の関係がさらに燃え上がるための助燃剤とさえなってしまうのである。