女子校生の素人エロ動画一覧

「女子校生」とは

「女子校生」とは、学校に通う女子のことである。本来、「じょしこうせい」と言えば、「女子高校生」のことを指すのが一般的であるが、性的な意味で用いる場合には、高校生も中学生も対象となる。この場合、男女共学校に通っているか女子校に通っているかは問わない。年齢は12~18歳程度で、第二次性徴の真っただ中、もしくはその時期を過ぎ、思春期を迎えて子供から大人へと成長を遂げていく変革期にあたり、心も身体も、大きく成長を遂げる時期である。中学生においては、小学校から進学し、放課後のクラブ活動なども活発化するほか、高校生においては、義務教育を終え、通っている高校の所在する学区によっては、通学距離が遠くなることから、生活のフィールドが中学生までとは比べ物にならないほど拡大する人が多く、経験や知識の引き出しが急増する時期である。一方で、保護者の目が行き届きにくくなる時期でもあり、不安と自信が混じりつつも、旺盛な好奇心によって、ときに成人では躊躇するような思い切った行動を取る年齢帯でもある。また、子供としての幼さと大人びた雰囲気を備えているが、人にもよるが世間をなめたような態度をとる時期でもある。

「女子校生」の醸し出す「エロス」

「女子校生」もしくは「女子高生」という言葉に、甘美な響きを感じる男性は多いだろう。もともとは、少女から脱皮し化粧などで大人びた雰囲気を醸し出そうとする美的好奇心や、体育の授業で見せる体操服や水着のボディラインと素足、そして、汚れ(けがれ)のない処女性(あくまで男性側の妄想であり、実際に処女かどうかは別だが)が醸し出す、純真無垢なエロスが、同級生の男子生徒はもとより、成人男性の股間を熱くしてきた。しかし、現在は、様相が異なる。もちろん、前述したような、「処女性が醸し出す、純真無垢なエロス」に該当する女子校生もいるだろう。ただ、かつてのように自宅に固定電話しかない頃とは異なり、中高生で携帯電話を持つのが当たり前の時代となり、まだあどけない若い男女が直接連絡を取ったり密会するのが比較的容易となった今、処女喪失の年齢が低年齢化し、「高校2年で男性経験10人」というような女子校生も存在する中、「処女性が醸し出す、純真無垢なエロス」ではなく、「すぐにHをヤレそうなエロス」「Hに対する恥じらいが薄れ、開けっぴろげなエロス」へと変貌を遂げているのである。これは、「とりあえずHできればOK!」という、エロジジイにとっては喜ぶべきことなのかもしれないが、「男性経験のない女子校生を口説くプロセスが楽しい」とか、「緊張のあまり心臓がバクバクして声が上ずっている女子校生を、優しく包み込んであげたい」さらに、「容易に手に入るとつまらない」という心理を持つ男性にとっては、ややもの足りないと感じるケースもあるだろう。

「女子校生」と現実世界の「エロ」

ここでは、性的魅力(セックスアピール)やプラトニックラブのような秘めたる欲望を含めた「エロス」と、実際の性的行動を含めた現実世界の「エロ」を区別したうえで、女子校生の「エロ」についても言及しておく必要がある。女子校生は、保護者の目が行き届きにくく、好奇心も強い反面、さまざまな問題に対する危機意識が低いケースが多いことから、性的にも思い切った行動を取る場合がある。たとえば、援助交際である。ひと昔前ならば明らかに売春行為として、「売る側」も「買う側」も、それなりの覚悟があったものである。たとえば、「売る側」は多重債務を抱えているなどの理由である。しかし、今の女子校生にとって(もちろん、全員がそうだと言うつもりはないが)、お金をもらって、初めて会う男性に体を預けるというのは、さほど抵抗がないばかりか、いろんな人とHを楽しみながら、バイトするよりも手軽に大金が稼げる、といった具合に、気軽に援助交際をしている女子校生が結構いるというのだから、いやはや、時代は変わったと言うほかない。また、風俗店での性的サービスを女子校生が行うことについては、表向きは禁止されているが、時折、女子校生と知りながら働かせたなどの理由で、風俗店の経営者や女子校生が摘発される事案が発生している。これも、働く側(女子校生)、雇う側(風俗店)、買う側(客)のそれぞれのニーズがマッチした結果と言えるのかもしれない。

「女子校生」の制服とエロ

女子校生のエロを語るうえで、制服は外せないポイントであろう。女子校生の着用する制服には、セーラー服が指定されている学校のほか、ブレザーの学校もある。しかし、女子校生好きの男性諸氏に人気なのは、やはりセーラー服のほうである。セーラー服にも、カラーやラインなどでさまざまなデザインがあり、それぞれが、制服好きの男性にとって、垂涎の的となっているようである。以前から、いわゆる、「ブルセラショップ」と呼ばれる、女子校生のブルマやセーラー服などを取り扱う専門業者が存在するが、そこでの人気商品は、やはり使用済みの下着などとともに、セーラー服にも高い人気があるようだ。成人男性が購入して、それをどのように活用しているかは、人それぞれだろうが、コレクションとして楽しむほか、匂いを嗅いでみたり、顔をうずめてみたり、マネキンに着せたり、場合によっては、ネットを通じて知り合った援助交際目的の女性に、「制服プレイ」を持ち掛けるケースもあるようだ。その場合、摘発を警戒してか、相手は必ずしも現役の女子校生とは限らず、女子大生や20代の成人女性に制服着用をお願いする場合もあるようだ。依頼された側の女性も、久しぶりに着る制服への懐かしさと、いけないことをしているという羞恥心から、興奮度が高まるようである。

「女子校生」とエロビデオ

かつて、AV(アダルトビデオ)の世界には、実際の出演者が女子校生の年齢かどうかは別として、制服を着た「女子高校生」が登場する作品があったようだが、18歳未満の少女を対象とした性表現を規制する動きによって、現在では、そのような作品は見られないようだ。しかし、投稿動画サイトなどでは、「女子校生」との性交渉を撮影したと投稿者が自称している動画も存在するようである。こちらについても、実際に女子校生なのかは不明だが、中学生同士や高校生同士のカップルによるものならともかく、成人男性と女子校生の性交渉の場面であれば、明らかに問題とされる行為であるので、注意が必要である。

「女子校生」を表す略称

「女子校生」を表す略称が存在する。「JK」は女子高校生、「JC」は女子中学生のことである。SNSなどで、援助交際相手を募る際などに、「私はJKだよ~」などと、隠語として用いられたのが始まりとされる。また、いわゆる「JKお散歩」(女子校生とお散歩できるサービス)や、「JKリフレ」(女子校生による性的でないマッサージ)などといった、女子校生によるサービスを謳う業種においても用いられる略称である。