女子大生の素人エロ動画一覧

「女子大生」とは

「女子大生」とは、大学に通う女性のことである。通っている大学が、四年制大学か短期大学かは問わない。また、男女共学校に通っているか女子大学に通っているかは問わない。大学進学の際にストレート合格か浪人したかによっても変わるが、年齢は18歳~23歳程度が大半である。時折、中高年になってから大学に通う例もみられるが、広義では大学生であるものの、「エロ」という視点での「女子大生」からは対象外となる。「女子大生」に限らず、大学生活は、厳しい校則に縛られ、受験勉強に苦しんだ高校生活もしくは浪人生活から解放され、ほっと一息つける期間である。人によっては、親元を離れて下宿生活を送ったり、本格的にアルバイトをしたり、サークル活動に没頭したりと、学業と両立しながら色々なことに打ち込める期間である。一方で、高校生活の緊張感から解き放たれた反動から、無気力に陥る学生や、将来の就職への不安感から、他人の意見に流されがちになる人も見られる。さらに、公式には、20歳を過ぎれば、お酒も飲めるということで、コンパなどの場において、酔った勢いで大胆な行動をするようになる時期でもある。

「女子大生」の身体的特徴

「女子大生」の身体的特徴として、これまでの女子校生(女子高校生および女子中学生)とは一線を画し、成人に達する前後の、ほぼ大人の女性としての色気が増す時期である。中には、受験勉強に明け暮れて、高校時代に化粧もしたことがないという女子大生であれば、入学後に羽目を外して下手に厚化粧をしてしまう場合もある。また、服装についても、これまでの女子校生時代と違い、アルバイトや仕送りなどによって、服装やアクセサリーに掛けられるお金が増えることから、色気を増すことに一役買っている。容姿やボディのスタイルについても、これまでの少女のような幼さは消え、大人の女性としての肉感や肌のハリ、色艶や程よい体臭などの色香が出てくる頃である。ある調査では、「もっとも抱き心地の良いボディは19歳である」という結果も見受けられるようである。一方で、当の「女子大生」本人にとっては、これまでの若さに満ちあふれた女子校生時代と比べて、「オバサンになってしまった」とか、「老けた」などと思い込む人も多くいるようである。その不満を打ち消すべく、過度のダイエットやスキンケアに励むなどの「若作り」をするような例も見受けられる。

「女子大生」の醸し出す「エロス」

「女子大生」という言葉を聞くと、活発でアクティブという印象を持つ男性は多いだろう。実際、これまでの女子校生時代の校則や保護者の目といった縛りから解き放たれ、ひとりの女性として、自分の考えに基づいて自由に行動するようになる年代である。また、大人びた容姿やスタイル、そして雰囲気が、「女子大生」という言葉そのものが「エロス」を感じさせてくれる。そこには、男性側の心理として、個人差はあるものの、「口説いてみたい」「Hをやらせてくれるのではないか」というストレートな期待感や、「人生においてもっとも抱き心地の良い時期の女性を抱ける」という肉体への期待感、さらには、「俺が調教してやりたい」といった征服欲や「まさか、いまどき処女ということはないだろうけど、ひょっとしたら処女だったらうれしいな」という、いい意味でのロシアンルーレット的な期待感まで込められているのであろう。付け加えるならば、これまでの女子校生(中学生・高校生)と性的な接触等を持つことは法的に問題となるが、女子大生であれば法的に問題がないという安心感も、成人男性にとっては心おきなく性的関心の対象として妄想を膨らませたり、実際の性的接触へと行動を移しやすいというところであろう。

「女子大生」と現実世界の「エロ」

性的魅力(セックスアピール)やプラトニックラブのような秘めたる欲望を含めた「エロス」と、実際の性的行動を含めた現実世界の「エロ」を区別したうえで、女子大生の「エロ」についても言及しておく必要がある。女子大生は実際のところ、驚くほど「エロ」に興味を持っている人が多いようだ。特に、若い成人男性の「草食化」が問題視されるほど、男性側から女性側への具体的な性的アクションが減っている中、対する女子大生のほうはというと、男性が迫ってこない分、欲求不満を募らせて肉食系を自称する女子大生も現れているほどである。

いまどきの「女子大生」とのセックス

かつての男子大学生は、車を所有することがステータスで、デートはドライブ、セックスは都心のシティホテルや郊外のラブホテルでするというのが定番であった。しかし、時代は移り変わり、車を持たない若者ばかりとなり、デートする場所も、旅費がもったいないからと、自宅でのんびりとゲームに興じるなど、いわゆる「巣ごもり」のカップルが増えているようである。そのため、セックスする場所も、ホテル代がもったいないからと、彼氏もしくは彼女の自宅で済ませるケースが増えている。一方、正式に交際しているカップル以外の場合、たとえば、コンパで意気投合した大学生の男女は、割とたやすく近隣のラブホテルに流れて、一夜限りのセックスを楽しむ。その際のセックスには、これまでの若者の性行動にはあまり見られなかった2つの特徴がある。AVがインターネット経由で無料で簡単に視聴できる時代となり、以前のようにレンタルDVDを観るしかない時代には借りられなかったような変態チックなプレイを手軽に観られるようになり、それを普段から視聴している男性が、現実世界の女子大生に求めようするパターン。そして、もうひとつは、女子大生側の積極性の高まりである。前述したように、男性の草食化によって、セックスに飢えている女性が増えていることに加え、誰でも手軽にスマホでもエロ動画が観られる時代となり、さらに、これまでの男性視点からのAVではなく、女性視点からのエロ動画(たとえば、出演男優は、これまでの美女と野獣的なコワモテ男優やスキンヘッドではなく、イケメン俳優顔負けの美男子が出演し、前戯をしっかりとする、キスシーンが非常に多い、コンドーム装着シーンがある、フィニッシュは顔面射精ではなく、きちんと合体した状態で射精するなど)が増加していることが、セックスやエロ動画に対する嫌悪感をなくし、むしろ女性の関心を大いに高める役割を果たしていると考えられる。

「女子大生」と風俗&水商売

「女子大生」は、いわゆる「女子校生」と異なり、性的サービスや性行為に関しての法的規制が緩いことから、出張ヘルスなどの風俗店や、20歳になれば飲酒も合法となることから、いわゆる水商売の世界に足を踏み入れる人も少なくない。特に水商売においては、現役女子大生であることを売りにしたキャバクラ嬢が人気を集めており、経営者のパトロンになったり、いわゆる「足長おじさん」が支援してくれる例もあるようである。