人妻の素人エロ動画一覧

「人妻」とは

「人妻」とは、「人」の妻、つまり既婚女性のことである。小説やドラマなどでもごく普通に出てくる言葉であり、完全に市民権を得て一般化している言葉である。では、なぜ既婚女性という言葉があるにもかかわらず、「人妻」というような言い方がなされるのであろうか。それは、人妻という言葉が秘めている「誰かの」「他人の」という性質を表しているからだと考えられる。我が国のように一夫一婦制の国にせよ、一夫多妻制の国にせよ、既婚女性に対する男性からの憧れというものは、どこでも存在する。憧れを持つ理由は人それぞれだが、すでに結婚しているという点からみて、「この女性は家庭的なんだろうな」という羨望的な判断や、「既婚者なんだから、他人が手を出してはいけない」という自制心、そして、子供がいない既婚女性に対しては、「気軽に俺の相手をしてくれるんじゃないか」という淡い期待、子供がいる女性に対しては、子育ての気苦労への同情とともに、「疲れているんだろうし、家庭にこもっているので不満もたまっているだろう。癒されたいだろうし、ひょっとしたら、思いっきり羽目を外したいと思っているんではないか」といった想像が膨らむからであろう。

男女関係における「人妻」

現実世界においても、AV(アダルトビデオ)の世界においても、男女関係とりわけエロの分野における「人妻」には、大きく分けて2種類ある。ひとつは、人妻が新婚の夫とセックスするパターンや、セックスレス世代と呼ばれる中高年の夫婦が、温泉旅行など、普段と異なる環境によって久しぶりに火がついてセックスに励むというように、正式な夫婦同士でセックスを行うパターンである。もうひとつは、「浮気」や「不倫」など、正式な夫婦間ではない関係において行われる男女関係やセックスとなるパターンである。実際に、小説やドラマのみならず、AV作品も非常に多く、世間一般の関心や性的好奇心も強いのは、明らかに後者(浮気・不倫)のほうである。その原因として考えられるのは、人間が持つ性欲と、それに対抗する自制心、そしていけないことをしている背徳感である。それらの本能的な欲望や自制的な感情が心の中で激しく葛藤した際に生じるモヤモヤ感は、やがて、それがエスカレートしていくにつれ、「今ならふたりで地獄に堕ちてもいい」とさえ思えるような強い欲望へと昇華し、身も心もまるで麻薬を味わったかのような快感へと変わっていくのである。

「人妻」と不倫

「人妻」という言葉を聞いて、もっとも多く連想される言葉は、「不倫」ではないだろうか。
「不倫」とは、もともと倫理的に正しくないことを表した言葉であり、正式な婚姻関係を結んでいるにもかかわらず、婚外での性的関係を持つことを指す。一方「浮気」という言葉もある。「不倫」との差は、明確な定義があるわけではないが、浮気とは、一夜限りなどの短期間で、さほど情が移っていないものや、風俗嬢などと金銭による関係のものを指すようである。対するに、不倫とは、一夜限りではなく、継続的に逢瀬を重ねて情が移っている例を指すのが一般的である。ただし、セフレ(セックスフレンド)のように、情があまり移っていなくても、性的快感のためだけに継続的に性交渉を重ねているような場合では、それを不倫関係と呼ぶのが通例である。また、会う回数は少なくても、相手に金銭を渡す場合に、セックスの対価としてではなく、相手の生活支援のためといった理由で金銭を渡す場合などには、単なる性的快感のためだけではなく、相手の人生を思いやっての行動なので不倫とみなす場合もあるようである。「人妻」による不倫には、いくつかのパターンがある。一般的なのは、女性側が人妻、すなわち既婚者で、男性側は独身(離婚している場合も含む)というパターンである。もうひとつは、女性側も男性側も既婚者というパターンである。これは、「ダブル不倫」と呼ばれ、もしも互いのパートナーにバレた場合に、鉢合わせによる修羅場や、泥沼の離婚訴訟に陥るケースが少なくない。一般的に、人妻が若い場合には、前者(男性が独身)、人妻が中高年の場合には、ダブル不倫というケースが多いようだが、中には、若くても「パパ(実の父親)のような年齢の男性と不倫したい」という人妻も存在するようである。人妻との不倫関係は、どのようにもたらされるかについては、それこそ人それぞれだが、一般的には、夫が夜の相手をしてくれなくなり、欲求不満がたまった専業主婦が、出会い系サイトやSNSを通じて話し相手を探すパターンや、バーやクラブ、ストリートでのナンパ、パート先で親身に相談に乗ってくれる男性社員、PTA活動で学校側の窓口を務める体育教師に一目惚れしたなど、本当にさまざまなケースが存在する。当初は、軽い火遊びのつもりや、単に話し相手になってくれるだけで十分と考えていたのに、いつの間にか関係が深く進展しているというケースはよくある。そして、不倫を経験した人妻の傾向として見られるのは、いったん、ひとつの不倫関係を清算しても、再び別の男性と不倫関係を結ぶということである。一度、不倫関係という一線を越える経験をし、苦しくも楽しい感情を経験してしまうと、それから抜け出すことはなかなか困難なようである。

「人妻」の派生バージョン

「人妻」というのは、年齢を問わずに用いられる言葉だが、「若い人妻」の場合には、「若妻」という言葉も存在する。エロ動画サイトなどでは検索キーワードとして登録されている場合があり、新婚ほやほやの若妻による夫との初々しいセックスや、マリッジブルーになってしまった若妻が、昔つき合っていた男性に連絡を取り、またたく間に不倫関係に堕ちてしまうといったシーンが描かれているようである。もちろん、AVの世界だけではなく、現実世界においても、このような性行動は実際に行われているのであろう。