ロリ系の素人エロ動画一覧

「ロリ系」の由来

「ロリ系」という言葉は「ロリータ系」を短縮したもので、本来は、「ロリータ」という名前の、1960年代のイギリス映画に登場する少女に由来するとされている。また、現代においては、「ロリータファッション」という言葉が、小中学生もしくは、それ以下の年齢の少女が着用する服装や装飾などを総称する言葉として用いられている。「ロリータファッション」とは、たとえば、少女アニメに登場するような丈の長いパステルカラーのボリューム感のあるスカートや、フリルなどの装飾がついた洋服や帽子のほか、同様のコンセプトのアクセサリーやバッグなどを着用し、幼さと可愛らしさを表現したものが代表的である。また、ひと頃、話題となった「ゴスロリ(ゴシック・ロリータ)」も、この「ロリータファッション」に該当する。このような、「ロリータファッション」に身を包む女性は、愛らしい少女に自分を重ね合わせ、チャーミングな自分自身を表現したいという願望があるといわれている。一方、ファッションにおいては、往々にして異性の目を意識して着用したり化粧をしたりするケースが多いものの、こと「ロリータファッション」に関して言えば、異性や他人へのアピールというよりも、自分自身にとっての満足感をもたらしてくれるものとしての、内向きのアクションが主流であるといわれている。もしくは、同性の女性に可愛いと思ってもらいたいという願望によるものもあるようだが、異性に対してアピールしたいといったような願望で「ロリータファッション」に身を包む例は、さほど多くないようである。また、年齢的には、「ロリータ」に該当しない成人女性が、10代の可愛かった頃の自分をもう一度表現したいという考えで、「ロリータファッション」を楽しむという事例もあるようである。ただし、商売としての「ロリータファッション」、たとえば、メイドカフェでの着用や、AVでの着用に関しては、明らかに男性客をターゲットとしたものである。

性的な意味での「ロリ系」という言葉

ファッションとしてではなく、性的な意味で「ロリ系」という言葉を用いるのは、たとえば、成人男性が、「ロリータファッション」に身を包んだ少女と友人関係になったり、性的関係を持ったりする場合や、具体的に少女と直接の関係を持たないまでも、少女が映っているエロ動画を自宅で鑑賞したりする場合などに、エロ動画サイトで、「ロリ系」というキーワードで映像を検索したりする場合などに用いられるようである。「ロリ系」のエロ画像や動画において、成人男性が性的興奮を覚えるポイントは、単に「幼さ」や「あどけなさ」だけではなく、いわゆる「第二次性徴」を迎える時期の、子供から大人へと成長する変わり目の身体の微妙な変化、たとえば、ふくらみつつある胸や生えかかった陰毛、幼さを残した声、天真爛漫でスレていない性格などが、第二次性徴の時期を過ぎて大人へと脱皮を遂げた10代後半の女性や成人女性にはない特徴として、一部の成人男性にとっては、性的興奮を覚える大きなポイントとなっているようである。また、成人女性と親密になるのがうまくいかない成人男性が、少女とならば、ざっくばらんに楽しく会話が出来て、しかも自分の思い通りに頼ってくれるなどの理由で、少女のことを好きになってしまうという事例も見られるようである。さらに、女性に対する処女願望が強い成人男性が、少女ならば明らかに処女であるからという理由で、関心を持つという例もあるようである。こういった性癖を持つ成人男性のことを、以前から「ロリコン(ロリータコンプレックス)」と総称する。ただし、昨今では、性行為の初体験年齢がどんどん下がってきており、中学生で初体験を迎える例も全く珍しくない時代となっており、「少女=処女」という考え方は過去のものとなりつつある。

「ロリ系」に関しての注意点

人々がどういう性的趣向を持とうと、各自の自由であるが、ロリ系に関しては、最大限の注意が必要である。たとえば、成人男性が、少女に対する性的関心を高め、関係を持とうとする場合、たとえ、性的関係ではなく、友人関係として会って仲良く会話ができるだけで十分だと男性が考えていたとしても、会う場所や時間帯が不適切な場合や、2人きりで会うなどの場合は、未成年者略取と間違われて検挙される可能性もある。また、成人男性が少女と性的関係を持つことは、淫行や青少年保護条例違反などの罪に問われる行為であるため、厳に慎むべきである。さらに、ロリ系のエロ画像や動画を少女とやり取りする行為も犯罪に問われる可能性があるため、注意すべきである。とはいえ、少女との性的関係を持ってはいけないという思いは成人男性であれば誰もが持っているにもかかわらず、一向にこの手の犯罪がなくなる気配がなく、警察官や教員ですら手を汚してしまったという報道をたびたび見聞きする。これは、まさに、背徳感によって性的興奮が高まってしまうという、人間という生き物の心の複雑さを如実に物語っていると言えよう。