パイパンの素人エロ動画一覧

「パイパン」とは

「パイパン」とは、女性もしくは男性の陰部において、陰毛が生えていない状態、もしくは陰毛を剃ってツルツルにしている状態のことを指す。この言葉のもともとの由来は、マージャンにおいて、模様の入っていない牌である「白板(パイパン)」から来たものとされている。従来、「パイパン」は、水着を着用するファッションモデルなど、一部の業種において、ムダ毛処理に掛かるわずらわしさから解放されるものとして、自発的に行っている例や、「パイパン」の状態の陰部を見て興奮する性癖を持つ男性をターゲットとして、「パイパンもの」のAV(アダルトビデオ)に出演するAV女優などで、「パイパン」にしている事例が見られる。

「パイパン」のメリット

「パイパン」にすることのメリットは、前述したように、ムダ毛処理のわずらわしさから解放されることだけでなく、ハイレグ水着を着用したときに「ハミ毛」となるリスクが皆無となる点もメリットである。また、陰毛がないことによって、陰毛に付着した尿などの汚物に含まれた雑菌が繁殖することを防止でき、感染症などに罹患する可能性が減少することが期待できる。また、セックスを行う際には、女性の陰毛をペニスに引っ掛けて膣内に挿入し無理に陰毛が抜けて痛い思いをするなどの不快な出来事がなくなるほか、男性が「パイパン」にする場合には、コンドームとペニスの間に陰毛を巻き込んでしまって性感が悪くなるといったデメリットを防ぐことにもつながる。その一方で、人間に陰毛があるのは、陰毛によって体温調節を行ったり、セックスの際には陰毛が相手の性器の激しい動きを吸収するクッションの役割を果たしたり、陰毛によって相手の性器を刺激し性的興奮を高める効果があるというで意見もあり、「パイパン」にすることには懐疑的な見解も存在するようである。

「パイパン」の市民権

「パイパン」は、「私は下の毛を剃っている」と公言している女優やスポーツ選手も一部に存在するものの、まだまだ市民権を得ているとは言い難い状況である。かつて、わが国においても、腋毛(ワキ毛)は剃らないのが一般的であったが、女性の開放的なファッションの流行と共に、ワキ毛を伸ばしたままなのは恥ずかしいという考え方が一般的となり、女性の多くがワキ毛を剃るようになった。ところが、陰毛に関しては、自分のパートナー以外の他人に見せびらかすものではないことから、わざわざ「パイパン」にする人は少ないようである。ただし、これも、社会の変化と共に、利便性や清潔感を意識する傾向が増していることから、今後、「パイパン」にする人々は増加していくものと考えられる。

セックスにおける「パイパン」

セックスにおける「パイパン」は、前述したとおり、陰毛をコンドームに巻き込まないというメリットや、膣内にペニスと共に陰毛を引っ張り込まなくて済むというメリットがある。そのほかにも、セックスを行う男性と女性の双方が「パイパン」の場合、ペニスを膣に挿入した際に、互いの陰毛がないことによる限界までの密着感(あくまで感覚的なものに過ぎないのかもしれないが)を味わえるという点、また、互いの陰毛がないことによるツルツルとした感触の新鮮さによる性的興奮も味わえる。さらに、ムダ毛処理をした陰部から、新しい陰毛が徐々に生えだしてきた場合に、パートナーに対してチクチク感やヒリヒリ感を与えることができ、このことが性的快感をいっそう高めることにつながる場合もあるようである。

ムダ毛処理ではない、もうひとつの「パイパン」

ここまでは、主に成人の男女における「パイパン」を紹介してきた。これは、あくまで、生えている陰毛をシェーバーなどで剃ってしまうことを前提としていたが、ここからは、もともと陰毛が生えていない「パイパン」、つまり第二次性徴の時期より前の少女のことについて解説する。人間といえども動物であり、誰でも大人に近くなればワキ毛や陰毛は生えてくるものである。これは人間としての自然の摂理である。ところが、成人男性もしくは成人女性によっては、陰毛を汚らわしいものと考える人が存在するようである。たとえば、学生時代にこういう発言をする人はいなかっただろうか。「あの娘には、まさか陰毛は生えてないよな」とか「あのアイドルは、まさかウンコなんてしないよな」といった類いの発言である。自分自身が愛おしいと思う対象に対しては、えてして都合よく美化してしまう傾向があるものであり、それが前述のような発言につながっていると考えられる。そういった考え方を強く持つ人々の場合、陰毛が生えた成人女性よりも、もともと陰毛が生えていない「パイパン」の少女が性的関心の対象となったりもするのである。実際、エロ動画サイトにおける投稿動画にも、時折、その手の内容の投稿がなされているようであり、一定のニーズは存在する模様である。