ハーフの素人エロ動画一覧

「ハーフ」の定義

わが国において「ハーフ」という言葉を用いる場合、一般的には、両親の片方が日本人で、もう片方が外国人である両親の間に産まれた子供のことを指す。ハーフの特徴として、日本人ではない側のもう片方の親が、どの国や地域の出身者であるかによっても変わってくるが、両親が日本人同士の親から産まれた子供と比較すると、容姿面や体格面などで違いが見られる場合がある。たとえば、中国や台湾、韓国など、東アジア出身者から産まれたハーフの場合、容姿面や体格面では、日本人の両親から産まれた子供と、ほとんど違いは見られない。一方、東アジア以外のアジア地域出身者や欧米、南米、アフリカなどの出身者から産まれたハーフの場合、彫が深く、エキゾチックな容貌となるケースが見受けられる。また、日本人ではあまり見られない、小顔で手足がすらりと長い8頭身の体型も見受けられる。さらに、両親の教育や子供が育った環境などにもよるが、リズム感が良かったり運動神経や持久力が優れていたりするケースも見受けられる。

恋愛や性的な対象としての「ハーフ」の魅力

ハーフの女性に対し、恋愛感情を抱いたり性的興奮を覚えたりする趣向を持つ男性が存在する。また、ヨーロッパ系などの白人女性に対する憧れを持つ男性であっても、実際の肉体的な交際を視野に入れているような場合には、日本人としての容貌もある程度備えているほうが、親近感が涌きやすいという事情もあるものと考えられる。もちろん、この辺りの事情は、人によってさまざまであり、一概にこうであると決め付けることはできないが、日本人と外国人の特徴をミックスしたハーフに対し、特別な感情を抱く人々が存在するのは確かである。そして、これは、何も男性だけに限ったことではなく、女性にもハーフに対する恋愛感情や性的感情が存在するし、もちろん、同性同士であっても存在しうる感情である。

ハーフの特徴は、全ての人がそうだと断定するつもりはないが、一般的な日本人と異なるエキゾチックな容貌であったり、小顔かつ8頭身の均整の取れた体型、巨乳やグラマラスなヒップを持つ人などが存在しており、そういったハーフ女性への人気が高いようである。そして、「体型がスリムでカッコイイ」「足が長い」「鼻の形がカッコイイ」「彫が深い」「瞳が大きい」といった特徴を見出すことによって、それが次第に恋愛感情や性的興味へと昇華していくものと考えられる。さらに、片方の親が外国人であることから、異文化的な特性を身につけており、それが日本人にとって新鮮に映るという点も、要因として挙げておく必要がある。たとえば、男性にとっては、日本人女性にはない大胆な性的プレイによって興奮度を高めてくれることへの期待感が膨らむものと考えられる。また、精力をもてあます若い男性にとっては、2回戦、3回戦といった具合に「連射」したいものであるし、結婚を意識する深い関係となった場合には、週に何回ベッドを共にできるかという「持久力」についても、淡白な人が多いとされる日本人女性に対してアドバンテージとなる可能性がある。一方、女性にとっては、ハーフ男性がレディファーストや積極的な気遣いができる人であれば、奥手で気の利いた言葉も掛けられず、女性の扱いに不器用といわれる日本人男性にはない魅力として、性的興奮を高める要素となるであろう。

「ハーフ」の出演するAVの特性

ハーフに対する性的趣向を持つ人々が存在することは前述の通りである。当然、そういった趣向を持つ人々をターゲットとしたAV作品や、ハーフとの性行為を撮影した投稿動画が存在する。そういった作品や映像に対しては、当然、「ハーフ」という言葉がタイトルに盛り込まれている。たとえば、「ハーフとの濃厚なフルコースSEXを堪能」といったようなタイトルがつけられているのが一般的である。そういったハーフが登場するAVや投稿動画に対し、性的趣向を持つ人々からの期待感は高く、エロ動画サイトでの再生回数も比較的多めとなっているようである。特に、ハーフへの性的趣向を持つ人々が期待するシーンとしては、エキゾチックな顔立ちで激しくあえぐ表情や、すらりと長い足を大きく開いた上体で合体するアクロバティックな体位、そして、これは登場人物にもよるが、陰毛の色が金髪であったりすると、興奮度がさらに増すという人々もいるのではないかと考えられる。

また、ハーフへの性的趣向は、男性に限らず女性にも存在することは前述した通りだが、ハーフ男性についても、女性同様のエキゾチックな容貌に加え、日本人離れした8頭身の均整の取れた体格、さらに、これは女性側の性的趣向にも左右されるが、胸毛などの体毛が濃い男性や体臭を好む女性もいるようである。また、欧米人のペニスと比べると日本人男性のペニスの長さは短めという特徴があるが、ハーフ男性の場合は、親の出身地にもよるが、長めのペニスを持つ人も存在することから、そこに逞しさを感じて引き込まれる女性も存在するようである。