ギャルの素人エロ動画一覧

「ギャル」という言葉の使われ方

「ギャル」という言葉は、英語の「ガール」がもともとの由来とされており、主に10~20代の「若い女性」を意味する代名詞として用いられる。若い女性のファッションを表す際に「ギャルファッション」といった呼称がなされてきたほか、近年では、「コギャル(小ギャル・子ギャル)」や「マゴギャル(孫ギャル)」という、高校生や中学生のような低年齢の少女を意味する派生形も用いられている。また、時代背景や個人の趣味趣向によって、「オヤジギャル」という流行語が生まれたほか、いわゆる「ヤマンバ」、「ガングロ」のように、ギャルファッションが細分化されてきたのも特徴となっている。

「ギャル」の対象と海外からの評価

現在のわが国において、「ギャル」は、一般的に10代後半~20代の女性を指す。「コギャル」は、主に女子高校生のことを指す。「マゴギャル」は、一般的に女子中学生のことを指す。「ギャル」「コギャル」「マゴギャル」は、当人たちは最先端のファッションとして楽しんでいるが、海外からの評価に関して、同年代女性からは一定の評価があるものの、一部には、「娼婦のようだ」と疑問視する声もある。

性的な意味での「ギャル」の魅力

一方、アダルト的な意味での「ギャル」という言葉については、「ギャルとHしたい」というように、男性がギャルを性的な対象として見る際などに用いられる。性的な意味での「ギャル」という言葉については、ギャルのファッションに魅力を感じて性的に興奮する例のほか、ギャルそのものが持つ若い肉体に惹かれる例、さらに、コギャルやマゴギャルが身につけている体操服(ブルマーなど)や水着、下着、またはそれらに付着した汗のニオイやシミなどによって性的興奮度が増すという性癖の男性も存在する。また、未成年ギャルを性的対象としている場合は、「イケナイことをしている」という背徳感によって、よりいっそう性的興奮度が増幅するというのは、不倫による背徳的な性的興奮とも共通している部分である。

性的な意味での「ギャル」という言葉の具体的な用法

たとえば、「こないだナンパしてホテルに連れ込んだ若いお姉ちゃん、化粧が濃かったんで、てっきり女子大生だとばかり思ってたんだけど、彼女がシャワーを浴びてる間にサイフをのぞき見したら、女子高の学生証が出てきてさ。実はコギャル(女子高校生)だったんだよね。あとから警察沙汰になったら困るから、Hする気が吹っ飛んじゃって、シャワー終わる前に逃げてきちゃったよ」のように用いられる。

「ギャル」を性的な対象とする際に注意すべき点

一般的に、成人男性が、未成年者のギャル(コギャル、マゴギャルを含む)を性的対象とし、実際に肉体関係を持つことは、法律や条例によって違法とされているので、十分な注意が必要である。一方、男性特有の事情として、ギャルのジャンルによって、性的な興奮度や行為が変わる傾向がある。たとえば、前述の、ホテルでコギャルだと分かったという例では、ホテルまではヤル気マンマンだった男性が、コギャルと聞いた瞬間から理性が働き、Hに及ぶのを我慢するという抑制行動を取っているのが分かる。他方では、コギャルやマゴギャルのみを性的なターゲットとして絞り、「コギャルとのHだから興奮するんだ」と考えて積極的に性的接触を図る、法律的には危ない男性も存在する。特に、最近では、一般人のみならず、現職の教師や警察官、議員などでもコギャルやマゴギャルに相当する年齢の少女と淫らな行為に及ぶ例も盛んに報じられており、未成年のギャルに対する男性の性的欲望が存在することを証明している。ただし、コギャルやマゴギャル特有のファッションやメイクに性的興奮を覚える男性の中には、化粧を落としたすっぴん状態になると、とたんに性的興奮が萎えてしまう例もみられる。

「ギャル」と援助交際の関係

もう一つ、未成年者のギャル(コギャル、マゴギャルを含む)との性的な交流について特筆しておくべき点は、いわゆる「援助交際」に関することである。価値観の多様化によって、貞節を守らなければならないという考えが薄れたことに加え、携帯電話やスマートフォン、SNSの発達によって、未成年ギャルが成人男性と出会い、金銭的な対価を持って出会うことが容易に出来るようになったことが大きな理由である。ギャルは、服や化粧品、アクセサリーなどのファッションにお金を掛けたいという願望が強い反面、男性と性的関係を持つことに関して、年々抵抗感が薄れていっている傾向がある。そのため、成人男性にとっては、未成年ギャルと関係を持つのが比較的簡単な時代に変貌を遂げている。SNSなどで、未成年ギャルが援助交際の相手を募る際に、以前から「JK(女子高生)だよ」とか「私、JC(女子中学生)」といった隠語が用いられてきた。また、以前から、「2諭吉(2万円)」「3枚(3万円)」「1Y(諭吉)」といった略称が用いられてきたほか、「サポートして」「助けて」「包容力のある人を希望」といったぼやかした言葉で、暗に援助交際を求めるのが一般化している。

「ギャル」とAVの関連性

成人男性が未成年ギャルと性的関係を持つことは、危うい行為である。しかし、多くの成人男性は、未成年ギャルに関心があっても、理性によって実際に行為に及ぶことを抑制している。また、直接の行為には及ばないものの、AV(アダルトビデオ)を見て、それで十分に満足という男性も多いものとみられる。実際、いわゆるユーザー投稿型のエロ系動画サイトには、未成年ギャルをいわゆる「ハメ撮り」もしくは隠し撮りしたとみられる動画が多く存在している模様であり、視聴する側のニーズも確実に存在しているようである。