SMの素人エロ動画一覧

「SM」とは

「SM」とは、「サディズム」(Sadism)と、「マゾヒズム」(Masochism)とを組み合わた造語である。このうち、サディズムの傾向を持つ人を「サディスト」(Sadist)、マゾヒズムの傾向を持つ人を「マゾヒスト」(Masochist)と呼称する。また、単に前者を「サド」、後者を「マゾ」と短縮して呼ぶ場合もある。SMを構成する「サディズム」と「マゾヒズム」の詳細については、次章以降で解説する。

「サディズム」とは

サディズムとは、肉体的もしくは精神的な苦痛や難題を課す(攻撃する)ことにことよって、精神的快感や性的快感を得ることを指す。攻撃することにより満足する感覚の中枢となるのは、「征服感」であるとみられる、この場合、苦痛を与える相手は、他人であることが一般的である。ただし、人によっては、自分自身に肉体的もしくは精神的な苦痛や難題を課すことによって精神的もしくは性的快感を得るという性癖の持ち主を存在する。この場合、苦痛を与えるという攻撃性により発生する快感と、後述するが、肉体的もしくは精神的な苦痛や難題を「与えられる」ことにより発生する快感とが相乗効果を発揮し、精神的快感や性的快感が倍増するというケースも存在するようである。すなわち、SMにおけるS(サディズム)とM(マゾヒズム)が自分自身の中で葛藤している状態である。

「マゾヒズム」とは

サディズムとは、肉体的もしくは精神的な苦痛や難題を加えられる(攻撃される)ことによって、精神的快感や性的快感を得ることを指す。攻撃されることにより満足する感覚の中枢となるのは、「服従感」であるとみられる。この場合、サディズムでのケースと同様になるが、苦痛を与えてくる相手は、他人であることが一般的である。ただし、人によっては、自分自身から肉体的もしくは精神的な苦痛や難題を課されることによって精神的もしくは性的快感を得るという性癖の持ち主を存在する。この場合、苦痛を与えるという攻撃性により発生する快感と、肉体的もしくは精神的な苦痛や難題を「自分自身から与えられる」ことにより発生する快感とが相乗効果を発揮し、精神的快感や性的快感が倍増するというケースも存在するようである。すなわち、SMにおけるS(サディズム)とM(マゾヒズム)が自分自身の中で葛藤している状態である。

「SM」におけるS(サディスト)の例

「SM」においては、SがMに対して肉体的もしくは精神的な苦痛や難題を加える。その方法をいくつか列挙する。(1)言葉責め:たとえば、「お前は薄汚い豚だ」「お前の体型は犬以下だ」といった、通常であれば発することがためらわれるような暴言に属するような言葉を、Mに対して投げつける。それによって、Sの側は相手を攻撃したことによる征服感を得るし、Mの側は相手から責められたことによる服従感が得られ、それぞれが満足感を得る。ただし、その際に双方が満足を得られるかは条件があって、Sが投げつけた言葉がMにとって服従感を喚起されるものであること、すなわち「ツボにはまる」言葉であるかどうかが重要である。もし、投げつけられ言葉が、Mにとって大して意味のないものであった場合、Mの側のリアクションが弱くなる。そうすると、Mのリアクションが弱いことにSの側も面喰ったり、意気消沈したり、場合によっては逆ギレするケースもあるようである。もし、SがMに投げつけた言葉が「ツボにはまる」言葉であった場合には、Mが強いリアクションを示す。それを見たSが強い満足を覚え、より一層Sとして、言葉を続々と繰り出すという状況になる。お互いに、自分自身の希望する言葉の種類などをリクエストし合うという方法もあり、それで希望通りの言葉を投げつけ投げつけれられることで満足感を高めるということもあるが、このあたりは、相互にとって忍耐や配慮が求められる部分でもある。SMにおいては、SとMの相性や間合いが非常に重要であり、互いが求めている攻撃性や服従性の度合いや種類が異なると、得られる満足感が小さくなる。そのため、相性がぴったりのSMパートナーを見つけるのは至難の業であり、逆に言えば、相性がぴったりのSMパートナーに出会えた場合は、そのSMプレイの関係は相当長続きするようである。(2)肉体的苦痛:たとえば、SがMの身体をロープで縛り、身動きが取りにくいようする「緊縛プレイ」はSMでは一般的な方法である。また、周囲が見えないようして不安感を増長させる「目隠しプレイ」、皮膚に高温のローソクを垂らすことによって身体的に苦痛を味わう「ローソクプレイ」、SがMの顔などを素手や皮ベルトなどでビンタ(張り)する「張り手プレイ」、さらには短時間だが首を絞められることにより快感を覚える「窒息プレイ」などが存在するようである。これらのプレイは、当初は単体で行われ、段々とエスカレートしていくにつれ、複数のプレイ内容を同時に行ったり、言葉責めなども交えながら行われるようである。また、SMプレイを重ねるにつれ、当初は用いなかったプレイ内容や言葉責めを試行錯誤しているうちに、当初はリアクションが鈍かったのにだんだんとリアクションが強くなっていく場合があり、こういった試行錯誤をSM用語で「調教」と呼ぶ場合がある。

「SM」プレイにおける注意点

「SM」は、当事者同士によっては非常に強い快感を覚えるものであるが、前述したように、SMパートナー同士の相性が合うことが大切である。相性が合わない相手に無理強いをした場合にはトラブルになる可能性がある。また、相性が合うパートナー同士である場合、興奮のあまりSMプレイがエスカレートしすぎないように、ある程度手加減することも重要である。とりわけ、「窒息プレイ」は非常に危険であり、パートナーが死に至ることのないよう、くれぶれも自制するべきである。

「SM」プレイを楽しむ相手と場所

「SM」の世界に足を踏み入れるのは、実は意外にも、自然な成り行きが多いようである。もともとSMなどには興味がない普通のカップルだった男女が、交際を深めていく中で、自分自身や相手がS気質やM気質であることを知り、SMに目覚めるというケースも存在するようである。その中で、お互いに気が合えばSMパートナーを長く続けるし、「調教」しても相性が合わない場合には、パートナーを解消し、アダルト掲示板やSNSなどでSMパートナーを募集するケースもあるようである。また、SMというジャンルが世に広く知られるようになったのは、性風俗産業の「功績」であり、現在もSMプレイが楽しめる店であることを標榜した風俗店が存在することから、たとえば、日常生活においてはSM気質を封印し、SM専門の性風俗店でSM気質を発散して楽しむことも可能である。なお、SMプレイには、前日したようなロープやローソク、目隠し、
皮ベルトなどが用いられるほか、攻撃性を高めるような衣装として、ボンデージスタイルの衣装や鋭利な形状をしたメガネ(通称ドロンジョメガネ)などが使用される。また、SM専門店の店内は西部劇のモーテルに出てくるような殺風景かつワイルドな雰囲気の演出がなされていたりする。一方、M側の衣装としては、恥ずかしさを強調する服や下着、例えば、破れた服や陰部に穴の開いた下着を着用したりする人もいるようである。