AVデビューの素人エロ動画一覧

「AVデビュー」とは

「AVデビュー」とは、「AV」(アダルトビデオ)に「デビュー」(初出演)することを指す。すなわち、これまでAVに出演したことのなかった人が、初めてAVに出演することを意味する。AVは、1980年代にVHSビデオデッキが誕生して以来、これまでは映画館のポルノ上映作品やストリップ劇場などでしか観ることができなかった「動きのあるセックスシーン」をコッソリと自宅等で楽しむことができるようになり、ビデオデッキ普及の最大の立役者とも言われている。AVという分野そのものは、おそらく、日本の成人男女で一度も観たことがないという人のほうが少ないのではないか、と考えられるほど知名度も上がり、人気AV女優の芸能界進出等によって、身近な存在として市民権を得た感がある。とは言うものの、いまだに「恥ずかしいもの」「隠すべきもの」という感覚が一般的であり、ましてや、自分自身がAVに出演したり、自分の近親者(娘、息子、兄弟姉妹など)や友人・知人がAVに出演することには躊躇するのが一般的である。にもかかわらず、毎年数百人とも数千人とも言われる女性が「AVデビュー」していくのは、なぜであろうか?

「AVデビュー」する理由

「AVデビュー」することについては、躊躇する人々も多い一方で、毎年大勢の女性が新たにAVデビューしている。これについては、さまざまな理由が考えられる。
(1)報酬:AVに出演すると、出演した女性に対して1本あたり数万円~数十万円の報酬が支払われるとされる。もちろん、女性の容姿やキャラクター、プレイ内容などによって金額は大きく変動するし、AV制作会社の方針や女性側の価格交渉内容によっても異なる。現実には、PCやスマートフォンで観られるオンデマンド型のアダルト動画や、素人もしくはセミプロによる無料投稿動画の普及によって、かつてのVHSテープやDVD全盛時代のAV出演料に比べ、報酬額は下落していると言われる。報酬を必要とする事情はさまざまで、社員やアルバイトとして稼ぐよりも時間当たりに換算すると実入りが良いとドライに考えたり、ローンや借金返済に充てるという例もあるようだ。
(2)AVに対する性的興味や好奇心:男性のいわゆる草食化が社会現象化しているのに対し、女性の積極化、肉食化が進んでいる。とりわけ男性のセックスに対する無関心・無気力や、セックス頻度の減少、さらには精力減退といった諸問題に対し、不満を持つ女性が増えているようである。中には、セックスで一度もイった(オーガズム・絶頂に達する)ことのない女性もおり、性的な欲求不満が慢性化しているとされる。これに対し、AVでは、プロのAV男優が、高度なフィンガーテクニックや舌先での優しく激しい愛撫、複雑かつ高速の腰使いやアクロバティックな体位を駆使し、AV女優を悶絶寸前のオーガズムに招待する光景が一般的であり、「悶絶するほどの性的快感を味わってみたい」とか「一度ぐらい、AV男優に抱かれてみるのも悪くないな」と考える一般女性も増えているものと考えられる。(3)成り行きでなんとなく:AVデビューするつもりは最初はなかったのに、いつの間にかAVに出演していたという女性が多いようである。AVデビューのきっかけとしては、街中でのナンパやスカウト、SNSでの交流などが挙げられる。最初から「AVに出ませんか?」とストレートに誘うケースもあるが、多くのケースでは、最初は「カラオケ行かない?」「モデルになってくれない?」などの気軽な誘いから入り、OKした女性に対して最初はカラオケやモデルなどからスタートして、少しずつ警戒心を解いていきながら、性的なトークや口説きを交えつつ、最終的にはAV出演にまで持っていくというケースが多いようである。中には、後日撮影だと翻意されてしまう可能性があることから、ビデオカメラをあらかじめ用意しておき、女性の気が変わらないうちに即日撮影することによって素人出演物のAVに仕立てるパターンもあるようである。ただし、成り行きでなんとなくという受動的な流ればかりではなく、自分から能動的にAV制作会社に出演方法を問い合わせる女性も一部にいるようである。(4)変身願望:さまざまな事情による人生の挫折感や停滞感を感じた時に、人は時として大胆な行動をするものである。たとえば、受験失敗や就職失敗、仕事での大きなミス、人間関係や夫婦関係の破綻といった事情で精神的ダメージに襲われた際、それらの打開策として、「人生を変えたい」「思い切ったことをしてみたい」「自分の殻を破りたい」「吹っ切りたい」という衝動に駆られることがある。そういう心の状態が、単体もしくは前述したようなさまざまな理由と複合し、AVデビューへの一歩を踏み出すトリガーになっているものと考えられる。

「AVデビュー」のメリット

前述したように、セックスに関する高度な性的なテクニックを持ったAV男優によって、一般男性とのセックスでは得られないような性的快感を体験できる可能性がある。また、報酬額が下落傾向にあるとはいえ、比較的短時間でまとまった金額の報酬が得られる可能性があるのは、魅力的に映っても不思議はない。もし初回のAVデビュー作がある程度売れれば、次回作品以降のリピート出演の可能性もあるし、人気AV女優となれば、さらなる高額報酬が期待でき、場合によっては執筆活動や芸能活動といった応用が利く可能性も秘めている。

「AVデビュー」のデメリット

最大のデメリットは、「記録が残る」ということであろう。さまざまな事情によってAV出演を自分の中で決断し、了承したとしても、あとになって「出なければよかった」などと後悔する場合がありうる。AV女優に実名で出演する人は皆無であり、ほぼ全員が芸名で出演するものである。容姿や声が広く公開されることから、「身近な人にバレないだろう」と考えて内緒で出演していた場合であっても、やがて近親者や知人に出演がバレてしまう恐れがある。特に、教師や公務員などでAVへの出演経験が後日判明し、処分が下ったという事例もある。もちろん、AV出演に対して、秘匿しようというネガティブな考えばかりではなく、自分自身の貴重な人生経験として、堂々と公言している人が存在するのは言うまでもない。

「AVデビュー」作品の特徴

「AVデビュー」の作品には、「デビュー作」と銘打っているのが一般的である。これは、視聴者に対し、「初めて観ることができる、新鮮な女性」という期待感を高める狙いがある。AVデビュー作品のストーリーのストーリー展開はさまざまで、AVデビュー作ということでソフト路線、ぎこちなさや初々しさを売りにした路線のものや、AVデビュー作品らしからぬ、意表を突く大胆かつ激しいセックスシーンを売りにしたものなどが存在する。