顔射の素人エロ動画一覧

顔射とは

「顔射」とは、「顔面射精」の略称である。俗称として「ぶっかけ」という言葉が存在し、名詞として「ぶっかけ」や動詞として「ぶっかける」という単語も用いられる。射精は、性行為(セックス)において男性が行う性的な行為であり、生殖という本来の目的においては、人間に限らず哺乳動物などのオスが広く行う行為である。しかし、人間においては、本来の生殖という目的以外に、セックスに伴う性的快感や性的興奮という要素のウェートが極めて大きいものである。すなわち、子どもが欲しいからという理由でセックスをおこなうカップルも多いものの、子どもは要らないがセックスはしたいというカップルも非常に多いものである。本来、生殖という目的を果たすためのセックスでは、男性器であるペニスを女性器である膣に挿入し、ピストン運動を経て膣内射精に至るのが正しい姿である。ただ、人間の世界においては、前述したように、子どもは要らないけれどもセックスがしたいというニーズが確実に存在する。そういった人々にとって、膣内にペニスを挿入する際には、妊娠を免れるためにコンドームをしたり、女性器の中にリングやペッサリーなどの避妊具を入れたりもするし、避妊知識の薄いカップルにおいては、膣外射精という行為も用いられているようである。本来、男女間におけるセックスの快楽という点から見れば、男性器と女性器が結合した状態で射精に至る膣内射精が最も快感度が強いとされている。しかし、前述したように、子どもが要らないと考える人や確実な避妊をしたい人々にとっては、膣内射精は回避したいというニーズも存在する。さらには、性的な趣味趣向や、そのときの気分によっては、かならずしも膣内射精ではなく、それとはまったく違った形で射精をしたい、もしくは射精をされたいと考える向きも存在するようである。その延長線の上に顔射は存在するようである。

「顔射」をおこなう理由

前述したように、セックスにおける本来の姿は、膣内射精である。しかし、ときにはそれとは違った形でセックスを楽しみたいというニーズも存在する。そのひとつが顔射である。顔射は、男性が射精する際にペニスを女性の顔に近づけ、顔や口などにめがけて精液を放出する行為である。個人差や好き嫌いはあるものの、精液を「ぶっかける」側の男性においても、「ぶっかけられる」側の女性においても強い快感を得ることができる行為とされている。では、なぜ精液を顔に掛けたり掛けられたりする行為が、性的快感に結びつくのであろうか。それは、精液という液体の持つ特殊性である。精液とは、卵子と結合することにより将来的に人間に成長することになる源、すなわち精子を大量に含んだものであり、そういう意味から言えば、きわめて「聖なる液体」であり、本来は「聖液」と記述してもよさそうなものである。しかしながら、小便を放出するペニス、いわゆる「おち○ち○」から放出される液体であり、独特の粘り気や匂いを持っていることから、男女間に愛情がない、もしくは愛情が薄い場合や、性的な関心もない場合などには、他人の単なる「汚物」とも成り得るのが精液という液体である。その微妙な立場に置かれている精液をセックスのパートナーの最も大切な身体の部位である顔面に放出するわけであるから、顔面に精液を掛けることができたという達成感とともに、「こんな汚いものを掛けさせてくれてありがとう」という感謝の気持ちや、申し訳ないという後ろめたい気持ちである背徳感、そして射精したことによる性的快感がミックスされ、男性にとってはものすごく複雑な快感をもたらされるものである。一方、精液をぶっかけられる側の女性にとっては、膣内に射精してもらえなかったという不満感を持つ人もいるようであるが、普段とは異なる射精方法、しかも自分自身の最も大事な身体の部位である顔面に向かって、愛するパートナーのいわば分身である精液を掛けられたということに愛情の片鱗を感じる人もいるし、男性が女性の愛液をなめて興奮するのと同様に、女性の身体には存在しない精液の感触や匂いを肌で直接感じることができたという点に、強い性的興奮を覚える女性も存在するようである。ただし、相手のことは大好きだが、顔射だけは非日常的過ぎてどうしても嫌だという女性も少なからず存在するようであるから、無理強いは禁物である。中には、最初は無理強いして顔射を行った結果、女性側もそれに慣れてしまい、性的興奮を覚える状態に昇華するという例もあるようだが、無理強いされたことで心が傷つき、人間関係にひびが入るという例もあるようなので、注意が必要である。

「顔射」をおこなう直前までの体位

セックスにおいて顔射をおこなう直前までの体位として最も多いと思われるのが正常位である。正常位でピストン運動をおこない、射精直前にペニスを膣から抜き、男性がすばやく立ち上がって女性の顔にペニスを差し出し、顔面に精液を放出するパターンである。この場合、男性側は確実な避妊を目的としてコンドームを着用しているケースもあり、その場合には、射精感を感じた初期段階でペニスを膣から抜き、コンドームを素早く外すという動作が必要となる。そのため、ペニスを抜くタイミングが早すぎると、いったん感じた射精感が弱くなり、コンドームを外したペニスを女性の顔面に差し出しても射精に至りにくいケースもみうけられる。その場合、男性が自分の手でペニスをしごいて(いわゆる手コキで)射精に至るケースや、女性にフェラチオや手コキをしてもらって射精に至るケースもあるようである。一方、妊娠中や生理期間中などの理由により、性器結合に至るセックスができないケースにおいては、フェラチオのあとのフィニッシュとして顔射がされるケースも存在するようである。また、本来は性器同士を結合させて膣内射精をするはずだったのに、前戯段階のフェラチオや69(シックスナイン)の際に性的興奮が高まり過ぎて、予期せぬ形で顔射してしまうケースもあるようである。