過激の素人エロ動画一覧

過激とは

過激とは、「過ぎる」「激しい」という意味が込められた漢字があらわす通り、「激し過ぎる」ことを指す言葉である。これは、アダルト動画のジャンルのみならず、日常生活においてもたびたび用いられる一般的な言葉である。アダルトジャンルにおける「過激」とは、以下のようなものを指し、これらのジャンルを扱ったエロ動画のジャンルを「過激系」と呼んだりもするようである。

体位が過激

セックスにおいては、古くから「四十八手」という言葉があるように、ありとあらゆる体位が存在するものの、多くの人々にとっては、正常位や後背位など、数種類のポピュラーな体位でセックスを楽しむのが一般的である。ただ、セックスを心ゆくまでとことん楽しみたい性欲の強い男女や、性欲も好奇心も非常に旺盛な未成年カップルにおいては、これらのポピュラーな体位に飽き足らず、過激かつアクロバティックな体位を試そうとするカップルも存在するようである。たとえば、「鵯越えの逆落とし」(ひよどりごえのさかおとし)や、深山(みやま)、宝船(たからぶね)のように、普通の人には、いったいどんな体位なのか想像もつかないような体位を試してみたり、四十八手にすら登場しないような独自の過激かつ刺激的な体位を「新規開発」したりと、非日常性も加味して性的刺激を高めることに余念のないカップルも存在するようである。

場所が過激

通常、セックスという行為は、当事者であるパートナー以外の他人に見られることを嫌い、視線を遮ることのできる密室状態の部屋の中で行われるのが一般的である。また、視線のみならず、セックスに伴って発生する「あえぎ声」や「ラブトーク」が部屋の外に漏れないように気を配るなど、当事者以外にはセックスという行為を今まさに楽しんでいるということが分からないようにするのが一般的である。ところが、カップルによっては、セックスの場面を見られる可能性や聞かれる可能性があることを承知の上で、あえて「ばれたら危険な場所」でセックスをおこなう過激な人々もいるようである。たとえば、勤務先の会議室や、ビルの屋上、トイレ、給湯室などオフィス内において同僚同士のメイク・ラブが行われたり、駅の待合室、電車の車内で性行為に及ぶ大胆かつ過激な例も存在するようである。また、昨今報道されて話題になった、教師同士の不倫関係においては、職場である体育館での性的行為が繰り返されていたことが明るみになり、聖職と呼ばれる教師ほど、多感な時期の生徒と接する苦悩を解消するはけ口として、校内不倫という過激な行為に及び、それが生徒たちに目撃されてしまうという「悲劇」につながったもようである。そして、密室で二人きりになれることから、カーセックスは昔から一般的に行われている行為であるが、普通は他人に見つかりにくい物静かな場所で夜間に行われるものである。ところが、過激なカップルになると、繁華街やアウトレットモールなど人目につきやすい場所の路上や駐車場に止めた車中で行為に及んだり、セックス行為には至らずとも、喫茶店内やファーストフードの客席などで、過激なディープキスやペッティングなどを人目をはばからずにおこなう場違いなカップルも存在するようである。また、いわゆる露出趣味のカップルの場合には、デパートの中で、ノーパン状態のスカートをたくしあげている写真を撮影したり、昼間の公園で半裸状態でいちゃいちゃしたりといった、大胆かつ過激な行為をおこなう強者も存在するようである。一方、屋外のみならず、自宅やパートナー宅でセックスする場合においても、一般的な寝室や応接間のソファでのセックスに限らず、風呂場の浴槽やトイレ、階段、玄関、台所などでのセックスを楽しむカップルも存在するようである。

あえぎ声や乱れ方が過激

あえぎ声は、自宅やマンションでセックスする場合においては、隣近所に聞こえないように抑え気味にするのが一般的である。また、壁の薄いアパートやコーポなどに居住している場合や、一戸建ての場合でも、パートナー以外に同居している子供や親がいる場合には、腰振り運動によってベッドや床がきしんでしまうと、「夜の営みに励んでおられる真っ最中だな」などと怪しまれる可能性もあることから、ばれないように気を遣うものである。ところが、若い女性や、あけっぴろげなカップルにおいては、隣近所に丸聞こえになるぐらい、それこそ「ヒーヒー」と言うほどの悲鳴のようなあえぎ声を上げる女性も存在するようである。また、普段、自宅のワンルームマンションで彼氏とセックスする場合には、腰使いも穏やかで、あえぎ声もおとなしく控えめな女性の場合でも、隣近所を気にする必要のないラブホテルでのセックスの場合には、普段は控えている激しい腰振りをおこないつつ、声をキャンキャンあげて乱れまくる女性も存在するようである。普段おしとやなか女性も、シチュエーションによっては過激かつ大胆な女性に変貌する好例と言えるであろう。

刺激方法が過激

パートナーに対して性的な刺激をおこなう際には、自身の手指や舌、唇やペニスを用いるのが一般的で、性的関心の高いカップルの場合には、電動バイブやローションを併用する場合もあるようである。しかし、そういった比較的ノーマルな状態ではなく、たとえば、性的刺激を加えるために、わざわざ電動マッサージチェアを設置してある家電量販店に出向き、背中などの性感帯を重点的にマッサージチェアから責めてもらい、店内で悦びの声を挙げそうになるのを必死に我慢してみるとか、パートナーとのセックスにおいて、キュウリを膣に挿入したり、ローションの代わりとしてケチャップやマヨネーズを使用するという過激かつアブノーマルなカップルも少数だが存在するようである。

性的趣向が過激

通常のセックスは、男女がペアになり、2人でおこなうのが一般的である。しかし、世の中には、3人以上でセックスを楽しむ3Pや4P、さらには、不特定多数の男女が同室に集まり、入り乱れてセックスを楽しむ乱交と呼ばれる性的趣向の持ち主も多く存在するようである。彼らのセックススタイルは、通常のセックスよりも明らかに過激なジャンルに属するとされているようである。また、通常のノーマルなカップルによるセックスにおいては、男性が射精するまでを1クールとすると、女性がオーガズムに達する(イク)のは数回以内というのが普通である。ところが、男性がテクニシャンであったり、SMの性癖を持つカップルの場合で2人の相性が非常に良い場合、さらには、女性がイキやすい体質の場合などに、1クールあたり10回以上もイキまくるという女性も存在するようである。そのため、イキまくった女性は、セックスが終わった後もしばらくは腰が抜けたようになって立ち上がれないというケースもあるようである。こういった過激な女性をパートナーに持つ男性にとっては、セックスしていてとても楽しいものである。その一方で、年齢が高い場合においては、少々つらく感じるものでもある。