近親相姦の素人エロ動画一覧

近親相姦とは

近親相姦とは、兄弟や親子などの血縁関係にある者や、親等が近い親族との間で性的な関係を結ぶことを指す。近親相姦は「姦」という字が示す通り、あまり好ましくないものとして忌避されるべきものという解釈が根底に存在する。ただし、古今東西問わず、近親相姦は、人類の歴史において、タブー視されつつも、決して少なくない人数がこの営みを行ってきたとされ、常に議論の対象となってきたテーマである。それは現在に至るまで、社会学的にも倫理的にも、医学的にも、絶対にこれが正しいという人類共通の結論は見いだせていないのが実情である。そもそも、なぜ近親者同士で性的な関係を持ってはいけないのかという点についても、国によっても時代によってもさまざまな解釈が存在するようである。

近親相姦の忌避

近親相姦は、古今東西で、その程度の差こそあれ、忌避されてきているものであるが、その理由としては、親子間での性的交わりの場合、立場の強弱を利用したいわゆる強姦とみなすケースや、未成年者に対する虐待ととらえるケースもあるようである。また、遺伝的に解釈するケースも存在するようである。これは、近親者同士が婚姻することによって、類似する遺伝情報が子に受け継がれることから、血筋が濃くなり長所が受け継がれるというメリットとともに、遺伝してほしくない状況、たとえばガンの発生因子が双方から掛け合わされて、子のガン発生率が高くなるのではないかといった病気に対する懸念や、催奇率(奇形発生率)が上がるのではないかといった懸念も根底にあるようである。ただし、近親相姦や近親者同士の婚姻によって生まれた子において、確実に病気が増えたとか奇形が増えたといったような有意な統計的データが存在するのかも含め、この件についても多種多様な見解が存在するようである。

近親婚とは

近親相姦という言葉は、非常に刺激の強い言葉であり、場合によっては当事者に対する誤解や差別、偏見を生みかねない言葉である。そもそも、近親者同士の恋愛関係は国家や時代背景によっても解釈がマチマチであり、特に、近親者の定義、すなわちどこまでの近さならOKでどこからがNGかという定義が多種多様なのである。そのため、Aという国では違法であっても、Bという国では合法という場合もあるし、Cという国において現在では違法とされていても、過去には合法とされた時代があるというように、バラバラの解釈となるのである。たとえば、日本のように「いとこ」同士の結婚であれば合法という国もあれば、いとこ同士であっても違法という国も存在するようである。近親者同士の婚姻が合法の範囲内であれば、近親相姦というトゲトゲしい呼び方はしないのが通例で、その場合は「近親婚」と呼ぶようである。ただし、合法か違法かは関係なく、人間の恋愛感情というものは、多くの人々が持つ「恋愛感情は近親者でない人に向けられるもの」という人ばかりではなく、「近親者だからこそ、そこに恋愛感情が芽生えるのだ」という人も存在するし、それはさまざまな条件やシチュエーションが複合して、近親相姦もしくは近親婚へと至るものと考えられる。かなり砕けた言い方をすれば、「恋愛とは、赤の他人とするもの」というのがメジャーな考えとして存在する一方、「近い者同士だからこそ、引き寄せあうものがある」という少数意見も古今東西、確実に存在するのも事実のようである。そのため、近親相姦や近親婚に対して問答無用でNGを突きつけるのは、人権侵害であるという考えも成り立つ。世の中にはLGBTという言葉で語られるように、性的マイノリティの人々が多く存在しているが、彼らにも持って生まれた当然の人権が存在するのである。そうした考えから言うと、近親相姦や近親婚に対する解釈や偏見についても、異端視して目をそらすばかりでなく、前向きに議論していく必要性があると言えそうである。

エロ動画における近親相姦もしくは近親者同士の恋愛

エロ動画のジャンルにおいても、近親相姦もしくは近親者同士の恋愛を扱ったものが存在し、一定の支持を得ているようである。たとえば、父親が娘と性交渉するものや、姉が童貞の弟の筆おろしをするといったようなものも存在するようである。こういった近親者同士の性交渉を扱うエロ作品を観る視聴者の心理としては、2通りあるようである。1つめは、怖いもの見たさで「え~、こんなことするの!?」「だめじゃん、これ!」という、ある意味、野次馬的精神を伴った偏見の目で視聴するケースである。2つめは、「この2人の惹かれあう気持ちがとっても良く分かる!」「私(姉)も弟と、ベッドでこんなことしてみたいなぁ。でもやっぱり嫌がられるんだろうなぁ」という、近親者同士の恋愛に対する理解者の立場で視聴するケースである。1つめのケースについては、あくまで怖いもの見たさの野次馬根性がベースにあるので、少し視聴するだけで、リピーターとして繰り返し視聴するケースは少ないものと考えられる。一方、2つめのケースについては、理解者の立場、支持者の立場として視聴するので、繰り返し視聴するヘビーリピーターになる傾向がみられるようである。