調教の素人エロ動画一覧

調教とは

本来の意味での「調教」とは、ある人物が、動物に対して、「ある人物」の思い描く状態になるように訓練・指導していくことを指す。この「調教」という言葉がもっともよく用いられるのが、競馬である。競馬には、「調教師」という職業が存在し、競走馬としての才能を持つ馬を選んで、その馬を幼少期から繰り返し指導し、競走馬にふさわしい状態へと鍛えあげていくものである。また、水族館における、イルカやアシカが登場して人間とともにさまざまな演技をするショーや、サーカスにおけるゾウの曲芸(鼻でボールを回すなどのサーカス芸)、日本ザルによる人間との掛け合い芸なども、調教師による調教を実施した結果として実現しているものである。なお、調教という言葉は、人間が動物を訓練・指導し、鍛え上げる際に用いられるのが本来の使い方であり、人間が人間に対して行う、幼少期から成人するまでの間、生活習慣や言葉遣いなどを指導し立派な大人へと育て上げていく過程は、調教とは呼ばずに、「躾」(しつけ)と呼ばれる。

人間が人間に対して「調教」するケース

本来、人間が動物に対して指導する場合に用いられる「調教」という言葉を、人間が人間に対して用いる場合がある。それは、大きく分けて2つあるようである。まず、1つめは、いわゆる「SM」(サディスト・マゾヒスト)の要素を色濃く含んだ主従関係においてである。この場合、「S」(サディスト)の側が、「M」(マゾヒスト)の側を指導するのが通例である。ただ、単に「俺はSの気がある」とか「私はMっ気がある」といった程度では、人間が人間を「調教」するという関係には至らないのが一般的である。調教と呼べるほどに指導するには、そこに強力な「S」の性格と「M」の性格が必要であり、それがお互いに密接にマッチングして、初めて調教関係が成立する。SMによる調教関係においては、ときに差別的な表現をも含むいわゆる言葉責め(お前はブタだ!など)はもとより、SM用具(ムチ、ロープ、皮革ベルト、アイマスクなど)が用いられることもあるようである。そして、2つめの「調教」の用いられ方は、SMのような主従関係が色濃く含まれたものではなく、男女間におけるセックスの際の性癖についてである。たとえば、男性がパートナーである女性のセックスについて、どちらかというと受け身、いわゆる「マグロ」の状態にあり、男性側がそれに物足りなさを感じているような場合に、セックスの場面や日常生活を通じて、男性側のセックスの好みを伝え、女性に少しずつ男性好みとなるセックスでの反応ができるように変わっていってもらうように努力する、というようなことが一例として挙げられる。これは、何も、男性から女性に対してのみ該当するのではなく、たとえば、年上女性が、年下男性をパートナーとしてセックスをする際に、男性からどのように愛撫してもらいたいかを伝えたり、若さゆえに早漏気味の男性の場合には、射精をコントロールしてもらうべく、女性側が男性をうまくリードするなどし、長時間にわたるセックスを楽しめるようにするためのコントロールをするといったことも、当該女性からみれば、調教のひとつである。1つめの調教と、2つめの調教の違いは、SM関係が色濃く反映されているか否かという点であり、端的に言えば、1つめは「ハードな調教」、2つめは「ソフトな調教」とも言え換えられるであろう。また、調教の実際の行われ方は、1つめもしくは2つめが、それぞれ単体で用いられる場合もあれば、1つめと2つめがミックスした形での調教関係になる場合もあるようである。ただし、調教という言葉を人間同士で用いる場合は、調教を受ける側は程度の差こそあれ、侮辱的・侮蔑的・差別的と受け取るのが普通であり、あくまで隠語的に用いられるのが通例のようである。

調教と犯罪

調教関係を大まかに2つに分けて紹介したが、このいずれにも属さないものがある。それは、「強制的な調教」である。昨今、男性が女性を長期間にわたって密室に監禁するという悪質な犯罪が報じられているが、その際においては、男性側に「S」の性質が帯びているのはほぼ疑いようがないと考えられる。当該男性は、好みの女性を監禁し、その女性を自分好みに仕立て上げようと「調教」をもくろむ。しかし、女性側は必ずしも元から「M」の性質を持っているとは限らない。もともと「M」の気すらない女性を同意もないまま強制的に監禁して精神的にも肉体的にも参ってしまうほど追い込んで、SMの主従関係に持っていくという手法は、決して許されないことであり、「調教」の悪用にほかならない。

調教とエロ動画

エロ動画のジャンルにも調教を扱うものが存在するようである。エロ動画のジャンルとしては、先述した1つめと2つめ、もしくは両方をミックスしたものまで、バリエーションが存在するようである。1つめのジャンルについては、調教モノというジャンルがある程度確立しており、SMモノと視聴者が混在する形で一定の支持を得ているようである。一方、2つめのジャンルについては、SMや調教というジャンルではなく、通常のセックスシーンを撮影したエロ動画においても、「ソフトな調教」を盛り込んだシーンを時折見かける。たとえば、熟女モノで年下の男性をリードする経験豊富なマダムや、男性と片っ端から寝る性依存症的な肉食系OLが、淡白な男性社員をリードするような場面に、調教を思わせるような発言や場面が見受けられるようである。