痴漢の素人エロ動画一覧

痴漢とは

痴漢とは、男性が女性に対して性的な迷惑行為を行うことを指す。特に、路上や商業施設、鉄道乗車中などの公共の場所で行われるのが一般的である。性的な迷惑行為の内容としては、満員電車の人ごみの中や路上などで、女性の腰を触ったり、股間に手を入れたり、胸を触ったりする行為のほか、顔や唇にキスをしたり、耳元などに執拗に吐息を吹きかけるといった行為も痴漢行為に該当するようである。いずれも、被害者側(被害を受けた女性)が痴漢行為を受けたとアピールすることにより成立する親告罪という位置づけではあるものの、被害を受ける女性の側は一般的に、恐怖心や羞恥心から、被害を受けていることをアピールしづらいケースも多く、泣き寝入りしてしまうケースも多いとされている。したがって、痴漢事件として表沙汰になったもの以外にも、相当な件数の痴漢行為が発生しているものと考えられる。

痴漢モノを扱うエロ動画

痴漢をテーマとするエロ動画は、市販品のAV(アダルトビデオ)などの素人投稿モノが広く出回っているようである。ただし、痴漢そのものは重大な犯罪行為であり、実際に見知らぬ第三者を対象とした痴漢を実際に行って撮影する(ガチンコ本番撮影)という冒険をおかしたとしても、それをAVや投稿サイトなどで公開することは、「私は痴漢行為の現場を撮影しました」と世間に公開していることになり、場合によっては撮影者の痴漢行為への関与を疑われかねないことから、公開されている大半の動画については、見知らぬ第三者を対象としたガチンコ本番撮影ではなく、痴漢を受ける側の女性は素人もしくはAV女優の出演による仕込み撮影によるものと考えられる。

エロ動画における痴漢シーン

エロ動画における痴漢シーンの定番が、「つり革モノ」である。これは、混雑した電車内でつり革につかまっている女性を、男性が背後から腰を触ったり、胸を揉んだり、スカートの中に手を入れて陰部を刺激したりといった行為を行うもので、もし実際の電車内で撮影したと思われる本番風の動画だったとしても、ほとんどすべてが企画モノといっても過言ではないと思われる。ただ、本番の痴漢行為を撮影した「ノンフィクション」ではなく、シナリオに基づいて「出演者」が演じたフィクション企画モノであったとしても、非常に刺激的なシーンであることに変わりはなく、電車という衆人環視の中での、「絶対にやってはいけない行為」というスリリングさも手伝い、性的興奮を覚える視聴者も多いものと思われる。また、いわゆるコスプレによるセックスシーンに興奮を覚える人もいることから、レストランで女性店員に手を出すようなシーンや、旅客機のCA(キャビンアテンダント)に手を出すようなシーンを扱う痴漢モノ動画もあるようである。大半の視聴者は、あくまで「フィクション」の世界として、シナリオに基づくフィクションの映像作品と割り切って鑑賞しているに過ぎないものと思われる。そのため、現実的にはほとんどあり得ないようなシナリオ展開に発展するものが多く存在するようである。たとえば、女性に対して痴漢行為を行っていた男性に対して、最初は拒絶的態度を見せていた女性の側が、男性の性的刺激によって次第に興奮してきて、恍惚の表情を浮かべながら「もっと強く!」と腰をくねらせてしまうような場面や、興奮した男性が周囲の目を忘れて女性のスカートやパンティーを脱がしてしまうといった場面、さらには、痴漢行為を目撃した周囲の乗客が、次第に興奮してきて痴漢行為に加勢したり、周囲の乗客の多くが「発情」してしまって、痴漢行為があちらこちらに伝染し、やがて車内が乱交パーティーさながらのカオスな状態に変貌するという、現実的にはあり得ない展開に発展する映像作品も存在するようである。これらの映像作品は、「エロ・バラエティ」として見るのには非常にユニークな企画モノと言えるかもしれない。

AVと痴漢の関連性

痴漢をテーマとするエロ動画は数多く存在するようであるが、これが実際の痴漢事件発生にどの程度の影響を及ぼしているかは定かではない。中には、性犯罪とAVの密接な関連性を指摘する「PTA的な」批判意見もあるようである。ただし、大半の青少年には「理性」が備わっているものであり、エロ動画のシーンに刺激を受けたからといって、「じゃあ俺もやってみよう!」という展開に普通はならないものである。それは、地上波でも普通に放送されている「サスペンスドラマ」で人を包丁で刺すシーンがあるからといって、その場面が青少年に悪影響があるなどと問題視されず普通に放送されているのと同じである。むしろ、現実的にあり得ないような、「エロ・バラエティ」の存在のほうが、むしろ性的な欲求の「ガス抜き」として有効に作用している面もあるのではないかとも考えられる。

痴漢をする主な原因

とはいえ、現実の世界では、痴漢行為は頻発している。これは、男性が女性に抱く性的欲求の誤った使い方だと言えるであろう。本来、AVやエロ動画の世界のものと割り切り、現実に痴漢行為を行わない人が圧倒的多数である。ところが、ごく少数であるが、現実に痴漢行為に手を染める人も存在する。その内容として、「理性のタガが外れた一般人」と「性犯罪常習者」に大別できるようである。前者については、酒に酔った勢いや、極度のストレスなど精神的な要因によって理性が失われたときに、たまたま目の前に現れた女性に対して性的欲求を抑えられずに痴漢行為におよぶものである。その多くは、特に準備もなく「出来心で」実行に移されるようである。一方、後者は、痴漢行為を常習的に行っている者であり、どうすればバレずに痴漢を行えるかシミュレーションをしたり、好みのタイプの女性を探して駅や繁華街をうろつき、好みの女性を見つけると尾行して、同じ電車に乗ったりして痴漢行為に及ぶなど、より計画的で悪質性のあるものである。これらの「本番」としての痴漢行為は、明らかな犯罪行為であり、AVやエロ動画の世界における「エロ・バラエティー」とは一線を画するものである。