潮吹きの素人エロ動画一覧

「潮吹き」とは

「潮吹き」とは、セックス(性交)やオナニー(自慰行為=マスタベーション)において、女性の身体に起こる特定の性的現象を表すアダルト用語である。女性は、セックスやオナニーによって性的快感を感じると、膣内から愛液が分泌される。この愛液の分泌は、バルトリン氏腺からという説もあれば、膣内の粘液であるという説など、諸説あるようだが、女性は性的に興奮すると愛液が分泌されるのが一般的である。分泌の量や粘度、分泌されるタイミングは、人によって異なるほか、興奮度や、その時々の体調や気分によっても大きく変化し、場合によっては性的興奮を感じてもまったく分泌されないこともあるようである。この愛液の分泌は、じわじわと染み出てくるのが一般的で、興奮度の高まりによって量が増え、やがてペニスを挿入したときに潤滑油の役割を果たす量まで増えるのが一般的である。ただし、人によっては、愛液がじわじわと染み出るというレベルを超え、まさに「発射」もしくは「噴射」と呼べるほど、一気にまとまった量の液体を放出する女性も存在する。このように、女性器から液体の「発射」もしくは「噴射」と呼べるような状態が起きることを「潮吹き」と呼ぶ。「潮吹き」がなぜ起きるのかは、まだ医学的にもはっきりと証明された見解があるわけではないようだが、女性の前立腺の分泌液が性的興奮の高まりによって急激に放出されるとの意見や、女性器の一部が痙攣することによって液体が放出されるという意見なども存在するようである。「潮吹き」は、液体が勢いよく放出される様子から、「射精の女性版」と唱える意見も存在するようである。実際、「潮吹き」は英語で「female ejaculation」(女性による射精)と訳されることもあるそうである。「潮吹き」は、突然起こる場合もあれば、予兆を伴う場合もある。たとえば、男性がペニスを女性器に挿入し、ピストン運動をしている最中に、膣内からおならのような音が出て、びっくりしてペニスを抜こうとした途端、液体が噴き出たという意見や、女性側も意識せずに突然放出したという人もいる。また、「何だか・・・出そう」という予兆を感じられる人もおり、人によって違いがあるようである。液体が放出されるという様子から、「尿失禁の一種ではないか」と考える向きもあるようだが、尿特有のにおいはなく、粘り気もある程度存在するという事例報告もあり、「潮吹きは尿失禁ではない」というのが大方の見方となっているようである。

「潮吹き」の方法

「潮吹き」は、実際におきる性的現象として認知はされているものの、自分自身では体験したことのない女性がいるほか、パートナーである男性も、「潮吹き」の場面を実際に見たことがないという人がいることから、「潮吹きなんて、AVの世界の話でしょ?」と疑問視し、まるで都市伝説でも聞いたかのように眉をひそめる人もいるようである。ただ、実際に「潮吹き」をする女性がいるのは事実であるし、AVの世界では、AV男優のTK氏が「潮吹きをさせる達人」として著名である。では、どうすれば「潮吹き」を体験できるのであろうか。やはり、最も大切なのは、パートナー同士の信頼関係である。女性は信頼関係によって身も心も男性に委ね、積極的にエロの世界に没入することができる。もし、信頼関係がない関係であれば、性的興奮が高まりにくいものである。とはいえ、信頼関係が絶大であったとしても、女性の側がエロに淡泊すぎたり、エロに貪欲でなければ、性的興奮は高まりにくいものである。逆に言えば、信頼関係が絶大でなくても、女性の側のエロに対する姿勢が貪欲であれば、それだけで「潮吹き」に到達する可能性は高くなるとも言えそうである。もう一つ付け加えるならば、女性に対する男性側のテクニックも大きな要因となりそうである。いくら信頼関係があり、女性がエロに対して貪欲であったとしても、女性を愛撫するテクニックが稚拙だったり、手抜きであったりすれば、女性の満足感は高まらないことになる。これらのことから、パートナー同士の信頼関係を優先しつつも、男女ともにエロに取り組む前向きな姿勢や心構えが非常に大事であることがうかがえるであろう。「潮吹き」を体験するには、クリトリスをはじめとする性感帯への愛撫が必須であるが、これは女性によって好みとする場所が異なるため、女性の好みの場所を探り当てたり、本人に訊ねるなどして、もっとも女性が喜ぶ愛撫を心がけるようにする必要がある。さらに、その上で必須となるのが、Gスポットへの刺激である。Gスポットは、膣内の前壁にある性感帯の一種で、男性が女性に向かい合う形で手の平を上にした状態で中指を挿入し、膣の前壁を探るとコリコリとした感触の部位がある。その辺りを刺激し続けると、女性の興奮度が高まってきて、やがて潮吹きへと至る場合がある。また、指を挿入するのではなく、ペニスを膣内に挿入し、膣内前壁に亀頭をこすりつけるような運動をすることで、Gスポットを刺激することも可能である。ただし、Gスポットを探り当てるのが困難な女性がいたり、そもそもGスポットは存在しないと主張する医学者も存在することから、この手法が有効に機能するかはケースバイケースと言えそうである。