拘束プレイの素人エロ動画一覧

「拘束プレイ」とは

「拘束プレイ」とは、セックス(性行為)をおこなう際に、パートナーをベルトやロープをはじめ、手錠などを用いて椅子や柱などに固定したうえで、肉体的接触による性的刺激を与えたり、言葉を投げかけることで相手を精神的に興奮させたりする行為を指すアダルト用語である。また、相手に対して性的な快感を与えるばかりでなく、縛ったり言葉を投げかける側も、それらの行為によって性的快感や興奮を得る場合も多いとされる。すなわち、拘束プレイとは、単に相手を縛ってセックスを楽しむ行為というわけではなく、いわゆるSM(サディスト・マゾヒスト)の分野と密接に関わる、奥の深いプレイであると言えるであろう。「拘束プレイ」は、拘束される側が一般的にマゾヒスト、すなわち言葉での辱めや肉体的刺激や性的刺激を受けて責められる側とされている。そして、拘束する側は、一般的にサディスト、すなわち言葉での辱めを与えたり肉体的刺激や性的刺激を与えて責める側とされている。ただし、例外も存在するようである。たとえば、自分の身体を自分自身の手でロープやベルトなどを使って縛ったり、手錠を掛けて拘束したりするなどしたうえで、身体の自由を制限した状態でオナニーをしたり、パートナーに肉体的接触や言葉責めなどを懇願したりする「拘束プレイ」の例もあるようである。もしくは、普段は「拘束プレイ」を相手に施す側が、普段とは立場を逆転し、「拘束プレイ」によって責められる側を体験してみるという例もあるようである。この場合、普段はサディスティックな性格の持ち主が、マゾヒストの立場として、手錠をはめられたり、ロープで縛られたりするなどし、拘束され責められる側の不安感を実際に体験することになる。そうなると、これまではサディスティックな性格だと思っていたのが、実はマゾヒスティックな性格も持ち合わせていることを初めて知ったという具合に、新たな発見をする例もあるようである。

「拘束プレイ」のバリエーション

「拘束プレイ」は、パートナーをロープで縛ったり手錠をはめるなどして身体の自由を奪うことで、責められる側もしくは責める側、あるいは双方が性的興奮を得るプレイである。しかし、「拘束プレイ」には、類似するプレイ方法が存在する。それは「放置プレイ」である。放置プレイとは、「拘束プレイ」のように、拘束されているパートナーを肉体的に責めたり言葉責めしたりせず、文字通り「放置」するプレイである。すなわち、拘束状態にしたあとは、ひたすら拘束されている相手を無視し続けるわけである。当然、拘束されている側は、肉体的かつ精神的に苦しさを感じることになる。拘束状態から解放してほしい旨を懇願し続ける場合もあるだろうし、逆に、「もっといじめてほしい」とか「もっとひどい言葉を投げかけてほしい」といった「おねだり」をされる例もあるかもしれない。しかし、懇願やおねだりを受けても、それを一切無視し続けることで、やがて、無視されること自体も快感になってくることがあるのである。さらに、「拘束プレイ」の一種である放置プレイをする側も、「拘束プレイ」をされている側からの度重なる懇願やおねだりを無視し続けることにより、「願いをかなえてやろうか、いや、無視しようか」といった心の葛藤を経て、やがて無視することそのものが快感へとつながっていくのである。そして、その状態に単なる快感のみならず、性的な快感を覚え、特に性器を刺激したりせずとも勃起したり、愛液があふれたり、興奮がエスカレートすると射精やオーガズムに至ったりするなど、心の中の葛藤によって肉体が刺激され、性的衝動が起きる人もいるというのであるから、「放置プレイ」ひいては、その原型である「拘束プレイ」は、非常に奥の深い行為と言えるであろう。

「拘束プレイ」の注意点

「拘束プレイ」は、パートナーをベルトで縛ったり縛られたり、手錠をはめたりはめられたりして、一時的にせよ身体の自由を奪い奪われる行為が伴う。しかも、程度の差こそあれ、相手の嫌がること、もしくは自分自身が嫌だと思っていることを経験するという「苦痛」を通じて、やがて快感へと昇華していく行為であることから、手加減をどの程度おこなうかの見極めが非常に難しいとされる。たとえば、ベルトで身体を締める際、締める側も締められる側も、適度の締め込み具合では苦痛を得にくいことから、ついつい締め込み具合を強くしがちである。そして、その状態を締められる側も快感を得るための通過点として苦痛を受容してしまいがちである。そうすると、締めこんだ部位の血流が阻害されたり、細胞が壊死したり、最悪の場合は「拘束プレイ」の最中にパートナーが死亡してしまうなど、恐ろしい事態も十分に起こりうるのである。このように、苦痛を伴うことで快感を得る行為は、「拘束プレイ」に限らず、細心の注意を払うべきであるし、十分な手加減をすることが非常に大切である。

「拘束プレイ」をおこなうAV

AV(アダルトビデオ)のジャンルにおいても、「拘束プレイ」は人気ジャンルとして確立しているようである。さまざまな拘束道具を用いて「拘束プレイ」をおこなったり、単にホテルの部屋などで行うだけでなく、人目につく場所で「拘束プレイ」をおこなうなど、動画を観ているほうがハラハラしてしまうような場面で撮影したものも存在するようである。出演するほうも、動画を観るほうも、こういった非日常的な映像の意外性によって、大いなる快感を得られるとも言えそうである。