手コキの素人エロ動画一覧

「手コキ」とは

「手コキ」には、大きく分けて2つの意味がある。1つ目は、自分自身の手を使ってペニスを刺激して性的興奮を高め射精にまで至る行為、すなわちオナニー(手淫=マスタベーション)することを指す。2つ目は、自分自身ではなく他人の手でペニスを刺激し、性的興奮を高めることを指す。この場合、最終的に「手コキ」のみで射精に至るケースのほか、ペニスを女性の膣に挿入するセックス(性交)に至るケースなどのバリエーションが存在する。「手コキ」という言葉の「コキ」は、「こく」という言葉が変化したものである。「こく」という言葉は、「屁をこく」(おならをする)という用いられ方をすることから分かるように、「する」という意味が込められている。ただ、「する」という「上品」な物言いではなく、俗称かつ隠語的な言い方として、「する」が「こく」に言い換えられるケースがある。もしくは、「こく」という言葉が「しごく」が変化したとする説もあるようである。ここで言う「しごく」とは、手でペニスを握って圧迫したり上下に動かして摩擦したりすることを指す。「手コキ」という言葉は、まさにこれらのいずれか、もしくは両方に該当し、オナニーやマスタベーションという言葉の代わりに、隠語的に使われるのが一般的である。ただし、オナニーという言葉が、学術用語として用いられたり、マスタベーションという言葉が、「自己満足」という意味を表現する際に、ニュース番組や新聞等でも用いられる、言わばビジネス用語的に用いられるのに対し、「手コキ」という言葉が学術用語、あるいはビジネス用語的に用いられることは皆無である。「手コキ」という言葉の使われ方は、たとえば、年頃の男子中学生が「家帰って早く手コキしたいな~」と悪友と談笑したり、出張ヘルスのメニューに「当店は生フェラ・手コキ素股が基本です」といったような具合に用いられるようである。

「手コキ」の方法

「手コキ」の方法には、大きく分けて2通りある。これは、前章と同様、自分でペニスを刺激するオナニーに該当する場合と、他人にペニスを刺激してもらう場合とに大別される。まず、オナニーの場合の「手コキ」とは、片手もしくは両手でペニスを刺激するものである。その際、片手は人差し指と親指でOKマークを作ってペニスを軽く締め付けたり、手のひら全体で握ったりしたうえで、手を上下に動かし、ペニスと手の間に摩擦を起こす。この摩擦によって、ペニスの表皮神経から性的快感のもととなる刺激が発生する。もしくは、摩擦しながら、握る力を変えてみたり、ペニスの根本を片手で握り、もう片方の手の指で、亀頭を擦るというように、両手を使った「手コキ」の手法もある。もしくは、片方の手でペニスを握りながら、もう片方の手で、陰嚢(玉袋)を刺激するといったバリエーションも可能である。このように自分の手指を用いて「手コキ」をする際には、最初は素手で行い、次第に亀頭からカウパー氏腺分泌液、すなわちガマン汁がじわじわと染み出てくるので、これを潤滑油代わりにして「手コキ」する人もいれば、ワセリンやベビーオイルやローションなどを手に少量つけて「手コキ」する人も存在するようである。2つ目は、他人にペニスを刺激してもらう場合である。この場合、自分の手で「手コキ」をする場合と同様、素手でペニスを指摘する方法もあれば、ワセリンやベビーオイルやローションなどを併用して「手コキ」してもらう方法もある。また、自分自身でオナニーする「手コキ」と根本的に異なるのは、ペニスを「手コキ」して刺激する以外にも、多種多様な性的興奮増進策が取れることである。たとえば、フェラチオを織り交ぜてみたり、パートナー同士でキスしたり、シックスナインをしたり、片手はペニスを刺激しながら、もう片方の手でパートナーの肛門や乳首を刺激するなど、同時多発的にパートナーを責めることも可能である。もしくは、女性が片手でパートナーのペニスを刺激しながら、もう片方の手は女性が自分自身の乳首を揉んで性的興奮を高めたりといった具合に、女性から「手コキ」を受ける側の男性のみが性的興奮を高めるのではなく、手コキを施す側の女性も同時に自ら性的興奮を高めることも可能である。このように、パートナーから受ける「手コキ」は、セックスにおける愛撫もしくは前戯としての意味合いが内在していることもある。そして、男性パートナーに対して「手コキ」をするのは女性だけとは限らず、男性同士の同性愛(ホモ・ゲイ)の場合には、男性がパートナーに対して「手コキ」することも普通に行われているようである。「手コキ」はセックスにおける愛撫や前戯の一部として行われるケースがあることは前述したが、たとえば妊婦のようにセックスを控えたい場合や、夫婦関係の男女において、男性はやる気まんまんなのに、女性がその気にならない場合などに、男性の性欲を「抜く」目的で、男性自身がオナニーをするのではなく、女性に「手コキ」をしてもらうことで我慢するというようなケースも存在するようである。また、膣外射精による避妊はあまり効果がないと言われているものの、現在でも膣外射精による避妊を実施するカップルが多数いるとされており、その際には、男性が射精感(イキそうになること)を強く感じてからペニスを膣から抜いたのでは、精液が膣内に漏れてしまう恐れがあることから、射精感が強まる前に早めにペニスを抜き、発射したい対象、たとえば女性の顔面や胸部などにペニスを突き出したうえで、最終的には「手コキ」によって射精に至るというケースもあるようである。さらに、「手コキ」には、自分自身が単独でおこなうオナニーとは異なる点として、パートナーによっては射精の瞬間を見てもらうことができるという点に快感を感じる性癖を持つ男性や、女性の側でも射精の瞬間を見てみたいと感じる人も存在するようである。手コキにおいては、自分自身でおこなうオナニーでも、パートナーに手伝ってもらう場合でもそうだが、射精感を感じたところで「手コキ」をいったん中止し、そこで射精をせずに、やや時間を置いてから再び「手コキ」を再開することにより、射精に至るまでのプロセスをより充実したものにする人、すなわち、ある程度我慢してから射精することにより、分泌される精液の量が増えたり、快感が増すと考える向きもあるようである。