乱交の素人エロ動画一覧

乱交とは

乱交とは、複数の男女が1室に集まり、セックスを楽しむ行為のことを指す。乱交をおこなうことを通称「乱交パーティー」と呼ぶ。通常のセックスと異なるのは、通常のセックスが、特定の男女1人ずつのペアで行われるのに対し、乱交においては、複数のカップルが同時多発的にセックスをおこなったり、ペアという考えにとらわれず、男女それぞれが複数の人数でランダムにセックスを繰り広げるのが特徴である。乱交パーティーの参加者には、他のペアがセックスしているのを眺めるだけの参加者もいるし、最初は他の参加者に誘われるがままに興味本位で様子見のつもりで参加した人が、間近で繰り広げられる他人のセックスを見るうちに、性的興奮が高まり、セックス中のペアに飛び入り参加して3Pを繰り広げたり、同じく様子見のつもりで参加した異性の参加者と意気投合して、その場でセックスを開始したりといった、さまざまなハプニングが起きるのが特徴とされている。とくに、セックスという行為は、通常はパートナーとなる異性以外には見られないよう、密室でおこなうのが一般的で、第三者から見られることに対しては、嫌悪感を抱くのが一般的である。これは、恥ずかしい場面を見られたくないという心理に加え、もしセックスシーンが見られてしまうと、第三者に不用意に伝聞されてしまったりする恐れがあるからである。しかし、乱交パーティーに関していえば、もともと参加している人の多くが、自分自身のセックスを第三者に見られることに抵抗を感じる人であっても、乱交パーティー会場に集まっている人の多くは、この場においては見られることを織り込み済みで、むしろ見られることを快感とする人々が集まり、なおかつ、その模様を限られた会員制サークル等の中だけで共有していることから、第三者に乱交パーティーへの参加がバレにくいという安心感があり、さらに、乱交パーティーという非日常的なセックス体験による性的興奮の高まりが、通常のセックスでは得られないものとして、乱交愛好者を夢中にさせているようである。

乱交の方法

多くの男女が一か所に集まってセックスを楽しむということ以外に、特に定義があるわけではない。大人数が一堂に会するという点から言えば、3Pや4P、もしくはそれ以上の人数による集団セックス、いわゆるグループセックスも可能であるし、1対1の通常のセックスが、部屋の各所で同時多発的に行われるということもあるようである。もしくは、前述したように、他人のセックスシーンを眺めるだけという人もいるし、セックスシーンを眺めているうちに性的に興奮してきて、セックスに加わるといった例もあるようである。大人数であるがゆえに、通常ではできない性的な行為として行うことが可能なのが、シックスナインの発展形である。これは、通常男女が1対1で行うシックスナインの類似形を大人数で行うもので、たとえば、大人数が部屋に輪になり、男性は唇や舌を使って女性の股間を愛撫し、女性はその男性とは別の男性のペニスをフェラチオし、女性は、また別の男性から性器を愛撫されるという形で、数珠つなぎ(ディジーチェーン)のように性的な愛撫を加えることも行われるようである。また、1対1でおこなっているセックスの最中に、パートナーを別のカップルと交換したり(スワッピング)、3Pや4Pスタイルでの性的な交わり、たとえば、女性が男性のペニスを咥え、その男性とは別の男性が女性の膣にペニスを挿入するといったことも行われるようである。ただ、乱交をおこなう際には、まったくルールが無いというわけではなく、乱交という言葉の「乱れる」とは裏腹に、相手を尊重して紳士的にセックスを楽しむというような内部規定を設けているところもあるようである。たとえば、相手が嫌がる行為を強引にするのは禁止であるとか、乱交はレイプやSMではないといった内部規定が存在するサークルもあるようである。

乱交の場所

乱交は、大人数が部屋の1室でまとまって行う場合もあれば、ホテルのスイートルームのようなところを借り切って、複数の部屋を使って行われる場合もあるようである。また、参加者によってはベッド上のみならず、バスルームやトイレ、フロアの床を使ってセックスする人もいるようである。乱交をおこなう場所については、たとえばラブホテルによっては宿泊客を2名に限定しない広い部屋を用意しているところもあり、そういった部屋で行われる場合もあれば、前述したように一般的なシティホテルを借り切って行う場合もあるようである。ただし、一般的なホテルで乱交目的と知りつつ部屋を貸し出す例は皆無であり、一般的な宿泊用として借り、実際は乱交パーティーが行われるというケースがあるようで、これはホテルのイメージダウンにもつながりかねないことや、公序良俗的な問題などから、大人数がホテルの特定の部屋に出入りしているとして当局に通報され、乱交パーティー真っ最中の部屋に捜査員が踏み込むという事例も発生しているようである。また、大人数でシーズンオフのキャンプ場でバンガローを借り切り、乱交パーティーを実施していた例が摘発された事例もある。このときは、「四国の乱」などと、乱交パーティーを戦国時代の戦いに見立てたような奇抜なタイトルだったことがスポーツ紙などで報じられ、大きな話題となった。

乱交の注意点

基本的に、セックスは男女1対1のペアで行うのが標準的とされており、これを、ホテルや自宅等の他人の目が及ばない場所で行うのは、何ら違法性はない。また、3Pなども違法性はないとされている。ただし、乱交パーティーのように、大人数が集まってセックスを楽しむ場合、たとえ同様の趣味嗜好を持った仲間内の行為であったとしても、他人にセックスを見せる行為そのものが猥褻物陳列罪として立件されている事例があるようである。たとえ、他人のセックスを見ている参加者が、合意に基づいて参加した者であったとしても立件されている模様である。乱交という行為自体が、市民権を得ていない変態行為のひとつとされている現状では、もし参加による摘発が発覚した場合にマスコミ等でセンセーショナルに扱われ、場合によっては今後の人生に影響を与える可能性もある。また、参加した女性が妊娠した場合、誰が父親か分からないという問題や、精液や粘液を介して、性感染症や伝染病が参加者で転移する恐れといった問題もある。参加にはリスクがあることを肝に銘じておくべきである。