中出しの素人エロ動画一覧

中出しとは

中出しとは、男女間のセックスにおいて、男性がコンドームを装着していない状態のペニスを女性器に挿入し、膣内に射精することを指すアダルト用語である。生殖というセックスが持つ本来の目的からすれば、全てのセックスは中出しで行われるのが究極の姿である。しかし、人類が行うセックスについては、生殖という目的のほかに快楽を得るために行うという側面が強いほか、さまざまな事情により妊娠を回避しようとする場面がみられる。これは、婚姻関係にある男女間においても、家族計画の一環で避妊するケースが多々あるほか、婚姻関係にない恋愛中のカップルやセックスフレンド、不倫関係、風俗店の利用や愛人関係といった金銭に基づく男女関係においても、望まない妊娠を避けるべく、また、性感染症予防の観点からも、ペニスを女性器に挿入する際にはコンドームを着用するのが一般的である。そういった、「膣内に射精しない」セックスが一般化しているからこそ、本来のセックスでは当たり前のはずの「膣内に射精する」という行為に、わざわざ「中出し」という特別視するような名称がつけられる事態となっていると言えそうである。

中出ししないAV

このように、「中出し」という、セックス本来の姿が、特別視するような扱いとなっている理由はほかにもある。それは、AV(アダルトビデオ)でのセックスシーンの影響である。AVにおいては、視聴者に対して刺激的なシーンを見せようとするあまり、実際の素人の男女が多用するとは思えない体位やフィニッシュシーンを撮影したものが散見される。例えば、男女間で最もポピュラーとされる正常位においては、素人カップルの場合は男女が抱き締めあう場面が多いはずであるが、AVの場合だと、性器結合部分を強調しようとする意図があるのか、はたまた、揺れ動く乳房を躍動的に見せようという意図があるのか、男女が上半身を密着させない体位を撮影したAVが多いという印象を受ける。また、フィニッシュにおいても、顔面射精や腹上射精といった刺激的な映像でラストを迎える作品が多いようである。

中出ししないAVに飽きたらない人の存在

もちろん、実際のセックスにおいても、AVの効果とも言えるのかもしれないが、顔面射精や腹上射精を行う素人も多くいるし、そういったフィニッシュに抵抗感のない女性もいるようである。しかしながら、多くの女性にとっては、避妊の有無にかかわらず膣内にペニスを挿入された状態でフィニッシュされるのが最も快感や愛情が感じられるものであろうし、男性の側にとっても、それは同じである(もちろん、普段は膣内射精している人が、バリエーションのひとつとして時々顔面射精を楽しむというのはアリである)。もし、避妊のためにコンドームを着用した状態でペニスを挿入し射精したのであったとしても、男女の体がひとつとなった状態でフィニッシュを迎えることへの快感や安心感は相当なものがあるはずである。しかしながら、前述したように、AVの世界においては、男女が一体となっていない状態でのセックスシーンが多く、そういった映像を見ても物足りなさを感じる層が根強く存在するようである。それは、男性においてももちろんのこと、このところ視聴者数が増加しているとされる女性においては、その傾向が男性以上に顕著となっているようである。むしろ、激しいキスシーンや強くハグしあう場面が長いものや、男性が女性を気遣ってコンドームを装着するシーンを収めたもの、そして、男女が密着した状態でフィニッシュを迎えるというオーソドックスな映像が人気を集めているようである。このことは、これまでのAVがどちらかというと男性目線の過激な場面を収めたものが主体であったのが、男性から大切に愛されながら楽しんでいるアダルト動画を視聴し、そういったセックスを実生活においても体験してみたいという女性が増えていることを示していると言えそうである。

アダルト動画における中出し

このような背景から、インターネット配信で支持を伸ばしているアダルト動画を中心に、中出しを訴求する作品が増加傾向にあり、男女問わず幅広い支持を集めているようである。特に、中出しによるフィニッシュシーンのあるアダルト動画の特長としては、フィニッシュが近くなった男性が「イキそうだよ」と言ったときに、女性が「中に出して」とか「出していいよ」といったセリフを発する場面が多いものであるがこのセリフによって視聴者の性的興奮が大きく増加するようである。一方、中出し映像をめぐっては、このような男女間の合意に基づく中出しばかりとは限らず、フィニッシュの際は膣外射精をしてくれると思ってコンドームを装着しない状態のペニスを受け入れたにもかかわらず、男性側がコンドームを装着することなく射精に至ってしまい、直前まで快感のあまりイキまくっていた女性が、突然我に返って、男性に対して怒り出すといったシーンを収めた映像も存在するようである。こういったケースについては、男性の行った「無許可の中出し」への賛否によって、視聴者が受ける性的快感も変化するようである。半ば強引に膣内に射精したことに対して興奮するという人もいるだろうし、女性を怒らせるようなフィニッシュシーンに幻滅するという人もいるだろう。

中出しは本番か疑似か

中出しには、本番か疑似かという問題が従来から存在する。モザイクが掛かっている通常のAVの場合は、コンドーム装着の有無のみならず、映像の編集すらも可能であることから、真偽のほどが分かりづらいものである。また、モザイクのない裏ビデオの場合には、コンドームを装着しない状態でペニスを膣に挿入するところがバッチリ映っていたとしても、フィニッシュシーンで本当に膣内射精で終わりを迎えたのかという疑いの目を向ける人もいるようである。これらの「疑惑」に対応するため、中出しを標榜するアダルト動画には、フィニッシュを迎えたあと、男性がペニスを膣から抜く際に、女性器から精液が滴り落ちるシーンを撮影したものが多いようである。