レズの素人エロ動画一覧

「レズ」とは

「レズ」とは、女性同士の同性愛(恋愛関係もしくは肉体関係)を表すレズビアン(lesbian)を略した言葉である。ただ、「レズ」と略す場合、侮蔑的かつ蔑視的な意味合いを含む場合があるとされていることから、「レズビアン」と正式名称を用いるほうが丁寧な印象を与えるとされている。一方、「レズ」の反対語となるのが「ゲイ」もしくは「ホモ」である。こちらは、男性同士の同性愛(恋愛関係もしくは肉体関係)を表す言葉である。レズなどの同性愛は、これまで本人や周囲が恥ずかしい秘め事とするなど秘匿する傾向にあったことから表にあまり出てこなかっただけで、実際にはレズを含む同性愛の人々は非常に多く存在するようである。もちろん、現在のみならず、過去においても一定程度存在したと考えるのが自然である。紀元前に記された古代文献にも、レズのことを表したと思われる記述があり、人類にとって同性愛は古今東西問わず、決して珍しいものではないと言える。その後も、レズなど同性愛が存在したことは文献などで明らかになっているが、やはり社会から受け入れられにくいのか、好奇の目で見られたり、弾圧の対象とされたりしたこともあったようである。また、日本においても平安時代から江戸時代にかけて、レズなどの同性愛が存在したとされており、同性同士が交わる春画が描かれたこともあるようである。しかし、近代における日本はもとより欧米などにおいても、やはり前述したような恋愛関係や肉体関係は異性同士でするものという観念的思考が社会の趨勢を占め、レズを含めた同性愛は肩身の狭い思いをすることとなった。

「レズ」の人権について

ようやくであるが、近年では、「レズ」にせよ「ゲイ」にせよ、同性愛は世界的に認められた人権という認識が拡がりをみせている。ただし、前述したように、恋愛関係や肉体関係は異性とするものという観念が依然として世界の趨勢を占めている。これは、キリスト教をはじめとする宗教的観念によって、男と女がペアとなり、子孫を残すべきとされていることが大きいからと考えられる。しかし、人類を見てみると、必ずしも、異性同士に惹かれる人ばかりでないことが実態として浮かび上がってくる。例えば、体も心も女性であるが、異性に興味が持てず、同性に惹かれるという人も存在するし、身体の性と心の性が一致しないパターン(トランスジェンダー=性同一性障害)も存在する。もしくは、異性にも同性にも惹かれるというパターン(バイセクシャル=両性愛)も存在する。このようなの人々に対し、人類は異性を愛するものという観念を無理やり当てはめて抑圧することは人権侵害であり、少数弱者(マイノリティー)に対する弾圧にあたるという考え方が世界的に拡がってきている。LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)という専門用語が社会的認知度を増しており、レズを含めたLGBTが市民権を得るにつれ、「実は私もレズだったんだ」というようなカミングアウトが続出してくることが考えられる。すなわち、「異性愛が標準」という社会的通念の中で、「それが標準ではない」という人々が大勢存在し、今後はさまざまな形での人間同士の関係が広く認められてくることになる。そうなったときに、これまでのように「気持ち悪い」などと蔑視することが許されなくなる時代がやってくる。さまざまな調査や報道によれば、レズを含めたLGBTの人口は、人類の4~6%という調査や、3~10%というデータもあり、実は意外なほど人類は異性愛だけではないということが浮き彫りになってきている。また、LGBTを対象としたマーケットの規模は100兆円規模に達するというデータも存在する。こういう情報を知っておくと、レズを含めたLGBTへの理解度も随分と深まるであろう。

「レズ」を扱うAVについて

レズなどのLGBTを扱うAV(アダルトビデオ)やネット上でのエロ動画は、非常に多く存在するようである。これは、異性愛を持つ男女からみれば、なかなか理解しづらいことかもしれないし、もしかすると「気持ち悪い」という蔑視の目で見る人や、タブー視する人もいるかもしれない。ただ、ここまで述べたように、日本のみならず世界中にレズを含めたLGBTの人々は非常に多く存在するのである。この人々から見れば、異性同士がセックスする動画ではなく、同性同士が交わる動画が最も自然であり当たり前の行為と映るはずである。そういった点から言えば、かなり以前からレズなどのLGBTを扱う動画制作に取り組んでいるAV業界の関係者やエロ動画の自主制作者は、ある意味では少数弱者の状態に置かれてきたLGBTを世に知らしめ、タブー打破に挑戦してきたという点で、時代の先を行っていると言えるのかもしれない。

「レズ」のセックスについて

レズの人々のセックスの方法については、まさに十人十色のようである。異性同士のセックスであれば、スキンシップからキスを経て、全身の愛撫、そして性器結合、そして絶頂へと至るのが一般的な流れである。レズの人々のセックスは、双方ともに男性器を持たないことから、ペニス挿入は省略し、お互いの女性器の愛撫によって絶頂を迎えるというのが一般的とされているが、中には、男性器を模したアダルトグッズを膣内に挿入して快感を得たりするといったような方法を用いる場合もあるようである。ただ、身体的な面で女性同士によるセックスとなることから、男性にはわからない女性ならではの性感帯愛撫の快感を知っている者同士によるセックスとなることから、双方への全身愛撫にかなりの時間を掛ける、非常に中身の濃いセックスを楽しむことができるのが特徴であるとの意見もあるようである。