レイプの素人エロ動画一覧

レイプとは

レイプとは、男性が女性に対して、相手の意に沿わない強制的な性行為や暴力行為によって凌辱することを指す。性的な行為は、男女双方の合意に基づいて行われるというのが現代の国際社会におけるディファクトスタンダードとなっているが、レイプは合意を得ることなく強引に相手を犯す行為であり、犯された側の女性は恐怖体験によるPTSD(心的外傷後ストレス障害)を背負うケースのほか、暴行による怪我、妊娠や感染といった身体的なダメージを負うことも少なくない。自分の身体が汚れてしまったと悲観し、自殺に至る事例もある。レイプは、男性1人が女性1人に対して行う場合のほか、複数男性が少数(1人や2人程度)の女性を監禁し凌辱する場合があり、この場合は集団レイプと呼ばれる。レイプは、ほとんどの場合、体格面の優位性などから、男性から女性に対する凌辱行為に対して用いられる言葉となっているが、女性から男性に凌辱行為が行われるというケースも存在しており、この場合には逆レイプと呼ばれる。男女いずれの場合でも、レイプは相手の意に沿わない行為を強制することから、多くの国々において違法とされている。

レイプの種類

レイプを違法とする法律があるということは、レイプを実行する人が大勢いるという裏返しでもある。レイプは、通常の日常生活を送る多くの人々にとっては、実行しようとも思わない縁遠い行為であるが、我が国においてもレイプ犯罪自体はたびたび発生しており、ニュースで事件報道がなされることもある。また、海外においては、旅行中の女性や発展途上国で支援活動をしている女性が、現地で連れ去られ、性的虐待を伴う暴力的な監禁を強いられるといった事件も発生している。このほか、海外においては、宗教的儀式などにより、女性が集団で男性を襲って逆レイプするといった事例も発生しているようである。このように、さまざまな点から問題行為とされるレイプであるが、日本においては、かつて「夜這い」という風習があり、男性が女性を寝取る(=セックスする)ことが半ば公然と許された時代もあったが、夜這いされる側の女性の立場から見れば、時代背景的に「そういうものだ」とされていたにせよ、不安に感じる人も多かったのではないかと推察できる。「夜這い=レイプ」と一概に言えない面もあるのかもしれないが、いずれにせよ現在では明らかに違法となる行為である。

アダルトビデオにおけるレイプもの

アダルトビデオにおいて、レイプものは他のジャンルと同じく、一定の支持を集めているようである。特に、最初は強引かつ暴力的に女性を犯し始めるものの、時間の経過とともに次第に女性が性的に興奮するようになり、「いや!」という言葉とは裏腹に、男性を次第に受け入れていくというようなシーンが描かれているものや、最初から最後まで女性が嫌がりっ放しなままフィニッシュを迎えるという強引なビデオもあるようで、主としてS(サディスティック)性向の強い男性が視聴しているようである。但し、レイプもののアダルト動画については、特筆しておくべき注意点がある。前述したように、レイプは法律的にも違法行為であるし、国際社会においても違法とならない国は少ないとされる。特に、法律うんぬん以前に、道義的な観点から見ても、やはりセックスという行為が男女の合意に基づいて行われるべき営みであるという前提からすれば、レイプそのものは大きな問題となる行為である。しかし、一方では、レイプもののアダルト動画が一定の支持を集めている現状もある。大多数の人々にとっては人生で一度も実行に移さない行為であるにせよ、「できることなら、可愛いあの子を犯してみたい」と考えたことのない男性は少ないのではないだろうか。そういう意味からいえば、サスペンスドラマが、その演出において血なまぐさいシーンがあるからといって、犯罪増加につながるわけではなく、むしろフィクションのエンターテイメントとして、様々な観点から人間の崇高さや優しさ、愚かさや狡猾さといった複雑な人間心理を描いた作品であると認知されている点と同じく、レイプもののアダルトビデオも、レイプシーンがあるからと一律に排除するというのではなく、あくまでもフィクション作品として視聴する分には存在意義があると言えるであろう。とは言え、それはあくまでもビデオに登場する女性が事前に合意した上で、あらかじめ用意されたシナリオに基づいてレイプシーンを収録した作品の場合であって、女性を暴力的に拉致したり、巧妙なトークで騙すなどし、合意のないままに無理やり犯す場面を収録したようなビデオは、おすすめすることができない。基本的に、アダルトビデオにおいては、オーソドックスなものから変態的なものまで多岐に渡るジャンルが存在するが、いずれもいわゆる「演技」ではなく、「本物」(と見られるもの)のビデオが支持を集めているし、「このアダルトビデオは演技なのか本物なのか」といった論争もしばしば起きているほどである。また、モザイク処理を掛ける作品であってもリアルな撮影を追求するのがセオリーとなっているようである。しかし前述の通り、レイプものについてだけは、実際にそのような行為は絶対に行うべきではないと言えるだろう。