フェラチオの素人エロ動画一覧

「フェラチオ」とは

「フェラチオ」とは、女性が男性のペニス(男性器)にキスしたり舌で舐めたり、すっぽりとペニスを口に含んだりする性的な技法のことを指すアダルト用語である。口(オーラル)でおこなう性的行為であることから「オーラルセックス」とも呼ばれる。また、日本語では口で行うみだらな行為という意味から、「口淫」と呼ばれたり、演奏する様子が似ていることから、特に中高年男性を中心に、「尺八」という隠語(淫語)で呼ぶ場合もある。フェラチオは、セックスの際に、ペニスを女性器(ヴァギナ)に挿入する前の前戯としておこなわれたり、ペニスを女性器に挿入してピストン運動をしたのち、別の体位に変換する際にペニスを抜いたあとに、別の体位へのトランジション(転換動作)のひとつとしてフェラチオがおこなわれることもある。また、男性が女性の膣内などに射精したあとに、女性がペニスを口に咥えることを「お掃除フェラ」と呼ぶ場合もある。セックスにおいて射精した後おこなう性的行動は「後戯」とも呼ばれるが、このお掃除フェラは、女性から男性への後戯の一種ということができる。とりわけ、射精すればいったん性欲が大幅に減退し、勃起していたペニスが短時間で急激に萎んでしまうのに対し、女性の性的興奮度は、男性よりもゆるやかに低下していくことから、射精によってセックスがいったん中断してしまう男性に対して、女性の側としては欲求不満に感じる場合がある。そのため、射精直後にフェラチオすることで、萎みゆくペニスへの名残惜しさと、短時間での「再起動」ならぬ「再勃起」を期待して一生懸命フェラチオする女性もいるようである。ただし、男性にとって射精直後にフェラチオされることは、くすぐったく感じたり痛みを伴う場合もあるので、注意が必要である。なお、フェラチオのパターンのひとつとして、「口内射精」(口内発射)がしばしばおこなわれる。これは、フェラチオのアクションの流れの中、もしくは男性がイキそう(射精感)になったときに、射精が始まる前に女性がフェラチオとしてペニスをすっぽりと加えてしまうか、もしくは、女性が口を大きく開けた状態で、男性が女性の口の中をめがけてペニスから精液を放出するなどの方法によって、女性の口に射精することを指す。射精された精液は、女性によってはそのまま飲み込む場合や、吐き出す場合もある。精液の味は、人によって異なるとされており、また、男性への愛情の度合いによっても女性が感じる味覚が変わる場合があり、その後に飲み込むか吐き出すかの行動をも左右するようである。さらに、フェラチオは、アダルトビデオ(AV)における定番中の定番の性的技法であり、フェラチオシーンがないAVは存在しないのではないかと思われるほど、一般化した性的技法となっており、女性が男性器を咥えるという大胆とも思える行為が一般家庭における性生活などにおいて一般化するにあたっては、AVの普及が大きく影響したものと考えられる。

「フェラチオ」のシチュエーション

「フェラチオ」は、セックス(ペニスを女性器に挿入するという意味での)の際に、今やごく一般的に行われる性的技法となっているが、セックスにまでは至らないシチュエーション、たとえば、ファッションヘルスなどの風俗店では、フェラチオを標準のサービスメニューとしているのが一般的である。また、風俗店によっては、本番行為(ペニスを女性器に挿入する)を厳禁とする代わりとして、フェラチオによる性的サービスに加え、口内射精を必須としている店舗もあるようである。ただ、激安を売りにしている風俗店においては、一般的なフェラチオ、すなわちペニスを女性がそのまま咥える「生フェラ」(生リップと呼ぶ場合もある)に対して、「ゴムフェラ」と呼ばれる、コンドームをペニスにかぶせた状態でフェラチオする場合もところも存在するようである。これは、男性側にとっては女性にフェラチオしてもらっているという雰囲気は味わえるものの、生の接触ではないことから性感は劣るとされる。反面、風俗店における性的サービスを通じての性行為感染症やエイズ感染を気にする男性もしくは女性がフェラチオする場合には、やむを得ずゴムフェラを受け入れる向きもあるようである。一方、風俗店ではない、一般の男女の恋愛関係において、フェラチオは、セックスの際に男性に対する前戯や後戯として用いられる場合があるのは、前述したとおりである。また、女性の生理期間中や、避妊の観点から禁欲したほうがいい期間、もしくは妊娠中であるなどの理由で、ペニスと女性器を結合するセックスを避ける場合には、セックスの代用手段として、女性が男性にフェラチオを施し、口内射精やティッシュペーパーなどへの射精によって性的欲求を満たすサポートをするというケースもある。

「フェラチオ」の注意点

「フェラチオ」は、女性の口や舌と男性器という粘膜同士が接触するほか、唾液や精液などがお互いに絡み合うことから、パートナーのどちらかに感染症の持病がある場合に、相手に細菌を移してしまう場合がある。たとえば、フェラチオによって性病が移る場合があるため、不特定多数のパートナーとの性的関係や、素性の分からない相手とのいきずりの肉体関係は、出来るだけ避けたほうがよいとされる。また、素性のはっきりした相手にフェラチオをおこなう場合であっても、事前に歯磨きやうがいを実行しておくことや、フェラチオされる側の男性においても、事前にペニスを念入りに洗っておくべきである。ただし、女性によっては、屋外や車内など、ペニスを洗いにくい場面であっても、その場の性欲が勝ってしまい、そのままフェラチオを実行するケースもあるようである。そのほかの、フェラチオの際の注意点としては、口にペニスを含む場合には、ペニスにうっかり歯を立ててしまうと男性が強い痛みを感じる場合があるため、注意が必要である

「フェラチオ」のバリエーション

女性がペニスの根元まで深く口に咥えた状態で亀頭と根本の間を激しく前後にピストンさせることを「ディーブスロート」と呼ぶ。これはフェラチオの技法の一種であり、男性にとって満足感が非常に高い技法である。ディープスロートによって、男性は喘ぎ声や吐息を発したり、快感に身をよじらせたりする場合もあることから、フェラチオをする女性の側においても、性的興奮が高まっている場合や、男性パートナーに対する愛情が強い場合などに、非常に強い満足感が得られる技法である。また、「バキュームフェラ」という技法もある。これは、男性器を深く、もしくは浅く咥えたうえで、女性が唇をすぼめて吸引(バキューム)する技法である。吸われる際の口とペニスの密着感や、吸引した際に空気が漏れた際のジュポジュポ音に興奮する男性が多いとされるほか、男性のことやペニスが好きで好きでたまらないという女性にとっては、ペニスを激しく愛撫できる技法として、さらに、女性自らの性的興奮を高めることができる技法として用いられる。フェラチオは、69(シックスナイン)の際にもおこなわれる。シックスナインとは、男女が上下逆さまにベッドや布団に横になり、男性は女性器を愛撫(クンニリングス)し、女性は男性器を愛撫(フェラチオ)する、すなわち、お互いの唇や舌を用いて同時にお互いの性器を愛撫し合う技法である。シックスナインを実行している際は、男性から女性器へのオーラルな愛撫が同時に加えられ、女性の性的興奮度がフェラチオ単体のときよりも格段に上がることから、フェラチオもより激しさを増すのが一般的である。