ナンパの素人エロ動画一覧

「ナンパ」とは

「ナンパ」とは、街角やショッピングモール、駅前や公園など、さまざまな公共の場所において、女性を食事やカラオケ、デートやドライブに誘うことなどを目的とし、男性が初対面の女性に対して話し掛ける行為を指す。ナンパという言葉の由来は、当該男性の女性に対する接し方や物事の見方が軽薄かつ気軽そうに見えることから、堅実かつ実直そうな男性を指す「硬派」という言葉の逆の意味で、「軟派」になったという説がある。また、いきずりの男女が気軽に出会って即席の「火遊び」に興じる危なっかしさを「難破船」に例えたのが由来ではないかという説もあるようだが、真相は定かではない。ナンパは、男性が女性に対しておこなうケースが多いが、中には、女性のほうから男性に声を掛けるケースもある。これを通称「逆ナン」(逆ナンパ)と呼ぶ。

「ナンパ」の目的

「ナンパ」をする(主に男性側)の目的は、人によってさまざまである。単に寂しさを紛らわせたい、誰でもいいから話し相手がほしい、今夜出張先でひとりだから飲む相手がほしいというものや、あわよくばキスやセックスなどの肉体的接触までも実行することを目的としてナンパをする人まで、さまざまである。ただ、やはり、男性の心理としては、「絶対にセックスまで到達したい」とか、「あわよくばセックスしたい」というセックス期待によるナンパが多いようである。このように、セックス目的のナンパを「ヤリナン」(セックスやりたいナンパ)と呼んだりもする。また、ナンパされる側(主に女性)の場合、女性から男性に声を掛けるのは、恥ずかしいとか、はしたないと考える傾向があり、男性のように気軽に異性に声を掛けるケースはまだまだ少ないようである。ただし、女性といえども男性同様に性欲はあり、寂しいという感情や、「今この時間を誰かと共有したい」という願望も男性同様に存在する。また、昨今では男性のいわゆる草食化が問題視されるようになるなど、異性に積極的でない男性が増加している時代となる一方で、男女の雇用機会均等化や、バラエティ番組における男勝りの下ネタを披露する女性タレントの台頭といった具合に、さまざまな場面において女性の社会進出が著しい状況は、勢いの落ちた男性に対して女性が積極的になってきている状況であるとも換言できる。すなわち、男性の煮え切らない、誘ってこない姿勢に飽き足らないと考える女性が、男性をナンパ(逆ナン)するというケースが、今後は以前よりも増えてくる可能性があると考えられる。

セックスをお願いする「ナンパ」

「ナンパ」をする際の男性の心理としては、女性とキスしたりセックスしたりといった肉体的接触を願望とする「下心」がある場合が多いが、ナンパの際には、その下心を露骨に表すことはせず、あくまで、気軽に食事やカラオケなどに誘うのがセオリーである。性欲丸出しのギラギラした表情でナンパしても、たいていは女性に逃げられてしまう。そういった意味では、ナンパという気軽かつ軽薄な行動とみられがちな場面においても、紳士的な振る舞いが必要ということである。一方、このセオリーに沿わない形で、すなわち、「僕とセックスしませんか」的なストレートな話し掛け方でナンパする猛者も存在するようである。もちろん、これは女性から無視される率は相当高いナンパ方法であり、通常の精神の持ち主では、ほぼ間違いなく気後れしてしまう方法である。ところが、100人に声を掛ければ1人や2人は応じてくれる人がいるというのが、これまた心理学や確率論の面白いところである。たしかに、世の中の女性には、「今すぐセックスしたい」とムラムラしている女性も確率的には存在しても不思議ではない。ただ、そういった場合でも、男性のように風俗で性欲処理できるわけでもない。身近な男友達と遊んだりすると、あとで噂話になるかもしれない、といった危険性もある。そういった女性が、見知らぬ男性からのセックスの誘いに乗ることは、もちろん不安な心もあるが、後腐れがないというメリットやその時点での性欲の強さが不安感よりも勝ってしまった場合、さらに、声を掛けてきたシチュエーションや言葉、男性の容姿やスタイルが好みだった場合や、警戒心を低下させる要因、たとえばお酒を飲んでほろ酔い気分、といったさまざまな条件が重なると、男性からの路上でのナンパ、しかもそれがセックスへのお誘いであったとしても、気軽に応じる可能性があるのだ。

定番の「ナンパスポット」

「ナンパ」をする場所は、いわゆる「ナンパ師」によると、極論すれば、「場所など関係ない」のだそうである。いつでもどこでも、思い立ったときに、近くにいる女性すべてがナンパ対象なのだそうである。彼らに言わせれば、ナンパ対象者は無尽蔵に存在するので、対象には困らないのだそうである。いやはや、このポジティブ思想には驚くほかない。ただし、ナンパに慣れていない人間が注意すべきことは、ナンパした相手が気軽に誘いに応じた場合、ときに「美人局」(つつもたせ)の場合があり、高額の絵画を契約する羽目になったり、昏睡強盗に遭ったり、ぼったくりバーに連れていかれたり、さらには未成年者との淫行だったりといった危険もあるので、相手の言動や態度を見極めることが重要である。これは、女性から男性に声を掛ける「逆ナン」の場合にも当然言えることであり、美人から声を掛けられたからと心が舞い上がって、次なる展開を妄想し下半身を膨らませていると、あとで痛い目にあう可能性があるので注意が必要である。

「ナンパ」で心と営業力を鍛える

「ナンパ」は、食事やデートに誘い出した後の、キスやセックスを目的として行われる場合が多く、うまくいけば、初対面の相手と新鮮な「火遊び」が楽しめることから、ナンパ愛好者の間では、一度この快感を味わうと、なかなかやめられないという意見があるようである。ただし、ナンパは、軽薄かつ気軽な行為という評価をされることが多い反面、誰にでも簡単にできる行為ではないのが特徴である。なぜなら、相手から無視されたり拒絶されたり、仮に運よく食事には誘えても、その後のセックスにはたどり着けないなど、最終目的完遂のためには非常な努力とテクニック、そして忍耐を要するからである。とにかく、「ひとりがだめでも、次がある」「数撃てば当たる」といった確率論を信じることや、相手から無視されたり罵倒されたりしてもへこたれない強靭な精神と嫌なことを受け流し忘れ去る忘却力、そして、腸短時間の間に初対面の相手の気を引く話術や表情などが必要となる。このようなナンパに求められる数々のテクニックや精神力は、営業や販売の現場に求められるテクニックや概念と著しく共通する点が多いことから、営業マンの中には、同僚らと一緒に繁華街などへナンパに繰り出すケースも見受けられる。

真面目な「ナンパ」も

「ナンパ」というと、「遊び」「軽薄」というイメージが強いが、男女の真剣かつ真面目な出会いの方法としても、古くから存在する方法である。この場合に、初対面の女性に声を掛けるという点では共通するものの、街角に立って道行く女性に片っ端から声を掛けるナンパではなく、たとえば喫茶店やレストラン、バーなどで自然に声を掛けるというさりげなさ(もしそこに演出や段取りがあったとしても)が重要となる。そういった点からも、ナンパというのは、ひとことで語ることのできない、実に奥が深い行為と言えるであろう。