オナニーの素人エロ動画一覧

「オナニー」とは

「オナニー」とは、「自慰行為」のことである。自慰行為とは、男女間で行われる通常のセックスではなく、セックスが出来ない状態のときなどに、自分自身が1人で性器等を刺激することで、性的興奮を得る行為である。ちなみに、日本において自慰行為を表す言葉としてオナニーという言葉がもっとも使われているが、このオナニーという言葉はドイツ語で、「onanie」と書く。オナニーの語源は、旧約聖書に「オナン」という男性が膣外射精を行ったと思われる記述があること転じたとされている。オナニーは、英語では、マスターベーション (masturbation)という言葉で呼ばれている。このマスタベーションという言葉は、オナニーという言葉に比べると、医学的かつ専門性を持った言葉とされ、ストレートにオナニーと言う場合に比べて下品さが緩い傾向にあることから、報道や論文などにおいても、「これは政治のマスタベーションに他ならない」といった具合に、「自己満足」の代用語としてマスタベーションという言葉が用いられる場合がある。また、オナニーの代用語としては、1人で行うHな行為という意味の「ひとりH」や、手で行うみだらな行為という意味の「手淫」などがあるほか、「センズリ」とも呼ばれる。これは、ペニスを手指で「千回擦る」というのを表現したものとされる。このことから、オナニーの際に補助的に用いられるエロ本やAVなどを「ズリネタ」とか「オカズ」と呼んだりもする。このほかにも、「シコシコする」という言い方や、マスタベーションという言葉が転じて、「マスをこく」といったり、風俗店に行くことを「抜きに行く」と言ったりもするようである。

「オナニー」する理由

オナニーは、中学生前後の思春期の性徴期を境に、誰もが経験する行為である。特に、男性の場合は、体内で精子が絶えず量産される特性から、体外に精子を出したいう本能が備わっているらしく、特に性的欲求の強い若い男性の場合はオナニーを毎日1回どころか、複数回経験するという事例もあるようである、また、オナニーするのは男性が多く、オナニーする女性は少ないという意見があるが、実はそうでもなく、成人するまでに大半の女性がオナニーを経験しているという説も存在するようである。オナニーは通常、自慰行為と呼ばれるぐらいであるから、パートナーとのセックスが出来ない場面における代替手段として、1人で行うのが主流である。ただし、夫婦や恋人同士の関係において、何らかの事情でセックスが出来ない場合に、代替手段として、パートナーがいる横でオナニーに耽ったり、場合によってはパートナーに陰部への刺激を手伝ってもらって、絶頂に至るという人もいるようである。

男性の「オナニー」の方法

男性の場合は、ぺニス(陰茎)を利き手もしくは反対の手で握って動かして摩擦や圧迫をしたり、人差し指と親指をOKマーク状にして亀頭のいわゆる「カリ」の部分を手指で軽く締め付けたり摩擦すること刺激したりすることで、性的快感を高め、やがて射精へと至る。片手で亀頭を刺激し反対の手で陰嚢(いわゆる玉袋)などを刺激する人もいるようである。これらの手指を用いたオナニーの方法を通称「手コキ」と呼ぶ場合がある。ペニスを刺激する方法は、手指を用いるだけではなく、オナニーグッズ(オナホールやダッチワイフなど)を用いたり、こんにゃく状のものに切れ目を入れて、女性器にペニスを挿入する感覚を疑似体験するといったような、人それぞれにオリジナルな方法も取られているようである。また、手指などを用いてペニスを刺激する方法でなく、ベッドや布団に全裸もしくは下半身を脱いだ状態でうつぶせになり、枕などを女性に見立てて抱く形で正常位のようなスタイルで腰を上下左右に振ることにより、男性器をベッドや布団で圧迫刺激し、射精に至るという方法もあるようである。この場合、男性器への圧迫という物理的な刺激だけでなく、正常位のスタイルを取ることで、セックス場面を疑似体験していることが、いわゆる「手コキ」によるオナニーとは違った性的興奮をもたらすようである。

男性の「オナニー」の補助グッズ

オナニーを行う場合には、単に手指でペニスを刺激したり、枕を抱いて腰を振るといった動作をして性的興奮を高めるだけでなく、AV(アダルトビデオ)やエロ本などのセックスシーンを視聴しながら行う場合もあるようである。この場合、好みのタイプの女性や、セックスの体位などが好みのものに合っているものを利用したいと考える男性が多いようである。たとえば、フィニッシュ(射精)の場面は、いわゆる中出し(膣内射精)でなければ興奮しないという人や、バックの場面が長時間続くビデオが好きだとか、ビデオ映像に対する趣味嗜好は人それぞれである。また、ビデオ映像に限らず、セックスシーンが掲載された、いわゆるエロ本や、大胆な水着を着用した巨乳モデルが掲載されたグラビア雑誌を見ることで、また人によっては、エロ小説を、セックスシーンを妄想したりすることで性的興奮を高める補助具として使用するケースもあるようである。また、いわゆるオナホール(ローションをしみこませたスポンジ状の穴にペニスを挿入して摩擦することで性的快感を得るグッズ)を用いたり、いわゆるダッチワイフを用いてオナニーをする男性もいるようである。この場合のダッチワイフは、女性器をリアルにかたどったものや、顔やボディスタイルなど全身をかたどったダッチワイフ人形(ラブドールとも呼ぶ)も存在する。

女性の「オナニー」

女性が「オナニー」を行う場合には、あおむけに寝そべったり、うつぶせになったり、バックスタイル、立位、剤で行うケースなど、実にさまざまである。いずれの場合にも、自分自身の好みのタイプの男性から愛撫されているセックスシーンを想像して行うのが主流のようである。基本的にクリトリス(陰核)や乳首、わき腹など、自分自身が性的に気持ちいいと感じる性感帯を、自分の手指を用いて刺激する方法が主流である。また、前述したように、オナニーをする女性は少ないという意見があるものの、実はそうでもなく、成人するまでに大半の女性がオナニーを経験しているという説も存在するようである。さらに、オナニー好きの女性の場合には、男性器をかたどった電動バイブレーターを膣に挿入したり、クリトリスを刺激するなどして性的興奮を高める場合もあるようである。

アブノーマルな「オナニー」

通常の手指を用いたオナニーに飽き足らず、アブノーマルな方法でオナニーを楽しむ人も存在するようである。たとえば、肛門(アナル)に指や器具を挿入し、前立腺を肛門や直後壁を伝って間接的に刺激することによって快感を得るオナニーもある。前立腺オナニーは、快感が強烈かつ長時間持続するとされており、この魅力に取りつかれるマニアもいるようである。