アナルの素人エロ動画一覧

「アナル」とは

「アナル」とは、医学用語で、「肛門」を表す言葉である。英語では「anal」と表記する。ただし、厳密に言えば、「anal」は「肛門の~」という意味で用いる形容詞であることから、「肛門」を単体で表す場合には「anus」(アヌス)という言葉も用いられる。

「アナルセックス」とは

「アナル」という言葉は単体で用いることもあるが、最もよく目にするのは「アナルセックス」(anal sex)という言葉だろう。「アナルセックス」とは、女性または男性パートナーの肛門に男性のペニス(陰茎・男性器)を挿入する性行為の一種で、「肛門性交」や「アナックス」とも呼ばれる。また、肛門のすぐ奥に直腸があり、挿入する深さによってはペニスが直腸に到達することから、「直腸セックス」「直腸プレイ」などと呼ばれることもある。
 また、広い意味においては、「自分自身の肛門にバイブ(疑似ペニス)や棒状の物体を挿入する自慰行為(オナニー・マスタベーション)」や、「パートナーの肛門にペニスを挿入する前の段階(前戯)でバイブや棒状の物体を挿入する行為」、もしくは、「女性同士が性交渉をする際に、ペニスの代わりに用いるバイブを股間にベルト等の固定具で固定し、男性の挿入時に見立てたスタイルで女性の肛門に挿入する行為」なども、「アナルセックス」に含める場合がある。

「アナルセックス」を行う動機

通常、肛門と呼ばれる器官は、便を排泄するために存在する器官である。肛門の周囲には、肛門括約筋と呼ばれる筋肉が取り巻いており、排便を我慢したり、排泄時に、いわゆる「糞切れ」をよくしたりするなど、強弱やタイミングのコントロールが可能な随意筋(人間が意識してコントロールできる筋肉)である。そのため、男性がペニスを肛門に挿入する場合には、女性の膣に挿入する場合と比べて、強力な締め付け力が得られることから、ペニスに与える性感が強いと言われている。また、肛門およびその周辺の皮膚は粘膜で覆われており、毛細血管や神経細胞も多いことから、接触や圧迫に対する感覚が、身体の他の部位に比べて強いとされており、個人差はあるが、いわゆる性感を強く感じる場合が多いとされている。ペニス等を挿入されるのが女性の場合で、また、膣内の性感が強い女性の場合、肛門にペニス等を挿入されピストン運動をされた際には、振動や圧迫が肛門括約筋や直腸壁を伝わって膣に到達し、快感を得られるという例もあるようだ。また、挿入されるのが男性の場合には、ピストン運動の振動や圧迫が肛門括約筋や直腸壁を伝い、それが前立腺に伝わった場合に、強烈な性感を感じる場合があると言われている。特に、男性の前立腺周辺には精嚢やペニスなど男性の生殖器官が密集しており、男性にとって最も性感が強い場所であることから、肛門や直腸を刺激する「アナルセックス」によって前立腺を刺激されると、短時間で射精に至るケースもあるとされている。

「アナルセックス」のメリット

 肛門にペニス等を挿入する「アナルセックス」のメリットして、まず、挿入されるのが女性の場合には、膣に挿入される際とは異なる快感が得られることや、本来、ペニス等は膣に挿入ものであって、肛門に入れるものではないという背徳感や羞恥心によって、快感が増大する可能性がある。また、挿入されるのが男性という場合には、そもそも膣という生殖器官を持たない男性が、体内にペニス等を挿入されることによる新鮮さや驚き、また、背徳感や羞恥心といった精神面による快感を得ることが期待できる。また、体内にペニス等を挿入されることによって、セックスの際の女性側の気分や立場を疑似体験することで、これも快感につながる可能性がある。一方、ペニスを挿入する男性側のメリットしては、前述したように、女性の膣に挿入する場合に比べて、ペニスを締め付ける力が強いことによって得られる快感や、膣以外の場所に挿入しているという背徳感や羞恥心が、強い快感につながる可能性を挙げることができる。

「アナルセックス」のデメリット

「アナルセックス」のデメリットとしては、肛門や直腸は排泄のための器官であり、内部には排泄物や、それに含まれる大量の雑菌や病原性細菌によって不衛生な状態にあることから、ペニス等を挿入することによって粘膜が傷つき、切れ痔などの肛門疾患や直腸疾患を引き起こす危険性がある。また、ペニスを挿入する場合には、ペニスの亀頭や尿道等が傷ついたり、尿道炎や膀胱炎を誘発したりする危険性がある。

「アナルセックス」の作法

「アナルセックス」は、膣にペニス等を挿入する場合と異なり、膣内からの愛液の分泌がないことから、ペニス等をスムーズに挿入することができないのが一般的である。そのまま無理に挿入することで、挿入される側の肛門や直腸のみならず、挿入する側のペニスや尿道もダメージを受ける可能性があることから、挿入時には必ず十分な量のローションを用いるべきとされている。また、前述の細菌感染を防止する観点から、必ずコンドームを着用するべきとされている。

「アナルセックス」の隠語と誤用

「アナルセックス」を表す隠語として、「オカマを掘る」という表現を用いる場合がある。ただし、自動車後部への追突事故の場合にも一般的に用いられる言葉なので、区別が必要である。また、評論家や分析官を表す「アナリスト」(Analyst)という言葉を聞いて、「アナルセックスをする人」や「アナルセックスの専門家」を連想する人がいるようだが、本来の意味ではない誤用なので注意が必要である。