ぶっかけの素人エロ動画一覧

「ぶっかけ」とは

「ぶっかけ」とは、セックスもしくは本番行為を伴わない素股やフェラチオ、手技などの性的行為によって男性が性的興奮を高め、最終的に男性が精液(スペルマ、ザーメン)を、女性の膣内ではなく、顔面や腹上などに射精することを指すアダルト用語である。もともと、「ぶっかけ」という言葉は、「ぶっかける」という言葉を短縮したもので、「勢いよく液体を掛ける(撒く、散布する、放出する)」という意味がある。たとえば、「ぶっかけうどん」「ぶっかけそうめん」など、汁(つゆ)を麺類の上に掛けるときなどに用いられる言葉である。なお、顔面に射精する場合、女性によっては顔面に精液を「ぶっかけ」られることへの羞恥心や嫌悪感から、口を閉じた状態で射精の瞬間を迎える場合もあるが、性的興奮が非常に強くなった女性や、精液を顔面に掛けられることをむしろ強い快感と感じる女性の中には、口を開けた状態で「ぶっかけ」られた精液を受け止め、フィニッシュ完了後の精液を愛おしく手で触ってみたり、フィニッシュしたあとのペニスを「お掃除フェラ」するケースや、顔面に「ぶっかけ」られるのではなく、開けた口の中に精液を放出してもらう「口内射精」を好む女性も存在するようである。これら、「ぶっかけ」や「口内射精」は、双方合意の上で、セックスの楽しみ方のひとつとして行われる場合もあれば、相手の合意を得ないまま、半ば強引に行う場合もあるようだが、非常に好き嫌いの分かれる行為であることから、実際に「ぶっかけ」を行う際には注意を要する。

「ぶっかけ」の動機

アダルト用語としての「ぶっかけ」に相当する行為は、実際にはどのように行われるのであろうか。まず、セックスという行為は、大半の男性にとっては、女性の膣内に射精することが最大の快感であり常識と考えられている。もちろん、その際には、男性は勃起した状態のペニス(陰茎)を直接女性に膣内に挿入する場合もあるし、避妊やHIV感染予防を目的としてコンドームを装着して挿入する場合もある。いずれにせよ、正常位や後背位など、お好みの体位で男女が合体した状態で射精の瞬間の快感を味わうのが一般的である。しかし、さまざまな理由によって、女性の膣内ではなく、女性の顔面や腹上などに射精する「ぶっかけ」を行う場合がある。その理由とは、(1)男性側の征服欲による性的満足度の増大:精液を女性の顔面や腹上などに射精するという行為によって、男性が征服欲を満たそうとする場合が存在するようである。そもそも、男性にとっては、自分の体内で作られたものとはいえ、体外に放出した精液は「汚物」であり、その「汚物」を他人、とりわけ自分自身のセックスパートナーの顔面や腹上などに放出し「ぶっかけ」るという行為は、えもいわれぬ強烈な快感をもたらしてくれるものと一部の男性には認識されている。(2)女性側の羞恥心による性的満足度の増大:精液を「ぶっかけ」られる側の女性においては、セックスパートナーの精液に対して、好意的に思う人もいれば、不潔だと思う人もいるが、いずれの場合でも、自分自身の顔面や腹上などに精液を「ぶっかけ」られることは、快感を感じるとともに、恥じらいも感じる行為であり、それが快感を増すことにつながっているようである。ただし、女性の多くは、膣内に直接射精されるほうが(信頼できるパートナーとの間であれば、できればコンドームを付けずに)、肉体的にも精神的にも強い性的快感を感じることができると考えている模様であることから、膣外射精の一種である「ぶっかけ」については、あまり歓迎しないという女性も多いようである。ただし、そういった女性の場合でも、セックスのバリエーションの一つとして、「毎回のように『ぶっかけ』でフィニッシュされるのは嫌だけど、普段は膣内射精でフィニッシュし、ときどき『ぶっかけ』でフィニッシュするというのであれば構わないし、マンネリ防止にもなる」と考える向きの女性もいるようである。(3)膣内挿入が出来ない場合の代替射精手段:セックスもしくはそれに類する性的行為を行う場合において、男性が女性の膣内にペニスを挿入できない場合や、膣内に射精できない場合などに、性的な満足感を得るための手段として、「ぶっかけ」が行われる場合がある。たとえば、女性が生理中で、膣内へのペニスの挿入を控える場合がそれに該当する。また、風俗サービスにおいて、たとえば、デリバリーヘルス(出張ヘルス)は、いわゆる本番行為を厳禁(なかには、派遣された女性と客との間で内緒で本番行為が行われる場合もあるようだが)としており、膣内にペニスを挿入しない代わりに、フェラチオや素股で男性の性的興奮を高めて、フィニッシュは顔面もしくは腹上に射精することで、男性側は性的満足感を得る。風俗業者によっては、「ぶっかけ」を別料金としているところや、本番行為をさせない代わりに口内発射を「必須」としている業者など、さまざまな取り扱い形態が存在するようである。

「ぶっかけ」の注意点

「ぶっかけ」を行う際には、そのタイミングと場所を見計らう必要がある。たとえば、膣内にペニスを挿入していた男性が、イキそう(射精寸前感を覚える)になった際、膣からペニスを抜き、「ぶっかけ」たい場所にペニスを素早く移動する必要がある。そのタイミングが遅れると、思わぬ場所に精液をまき散らしたり、顔面などに掛ける精液の量や時間が減ったりする可能性がある。また、膣内射精をしないことによる避妊手段として「ぶっかけ」を用いる男女が存在するようだが、膣内でペニスをピストン運動する際には、少量とはいえ精液やカウパー氏腺液が漏れており、その中に精子が含まれていることから、避妊手段としては不十分である。特に、前述したように、「ぶっかけ」には男女それぞれに考えが交錯することから、できるだけ事前に双方相談した上でで実行することをおすすめする。